FC2ブログ

トランプ大統領の野望!カルト宗教に支配される世界と米国大統領!KoJi,s DeepMax

トランプ大統領の野望!カルト宗教に支配される世界と米国大統領!KoJi,s DeepMax

https://www.youtube.com/watch?v=LaXGjzq7rss




🎥【MOVIE】   標的の島!日本の現状を伝える希少な作品!#アガスティアの葉#予言#イルミナティカード#米中戦争#台風#オリンピック#ロスチ... https://t.co/nGWyqnFGV9 @YouTubeさんから




スポンサーサイト



米国がイランに勝てないわけ Japan In-depth

米国がイランに勝てないわけ 1/10(金) Japan In-depth


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00010001-jindepth-int&p=2



そもそも米国はイランに侵攻できず、勝てない。

その3つ目の理由は米国はイランに勝てないことである。そしてこれは対イラン全面戦争
がない最大の理由である。

イランは中東随一の強国であり国民は団結している。こと侵略に対しては流血を厭わずに
最期まで戦う。その点で国民国家として未成熟であったアフガニスタンやイラクとは異なる。

これはイラン・イラク戦争の前例からも明らかである。革命の混乱に乗じて侵攻したイラクと
の戦いにおいて100万の戦死者を出しながら戦いきっている。(*3)

米国にとっても一筋縄で勝てる国ではない。

そもそも軍事的勝利そのものも難しい。米国は戦闘においても湾岸戦争やイラク戦争のよ
うな鮮やかな勝利を得られるかは疑わしいのだ。

なぜならイランはここ40年間、対米戦準備を徹底しているためだ。

対イラン苦戦の可能性は米海兵隊の機関紙でも指摘されている。米軍が依存するGPSへ
のジャミング、それに伴う誤爆を利用したyoutube等における宣伝戦、また非GPS依存の
イラン・ドローンの脅威を指摘する内容だ。(*4)

これは米海兵隊が「対イラン上陸戦は不可能である」といっているようなものだ。

もちろん、米軍はイラン本土上陸までできる。事前にホルムズ島ほかを占領する。そこか
ら支援の下で本土に橋頭堡を形成するまではもっていける。

だが、米上陸軍はイラン人海戦術で圧倒される。

まずイランは海空戦力で米軍を混乱させる。GPSジャミング、自律ドローン、水上/半潜
没/水中特攻艇を同時に繰り出し海空軍や沿岸砲兵も全力攻撃を行う。それで1晩を挟んで2日の時間は作る。

そしてその間に陸上戦力を前進させる。動員可能な全壮丁、例えば全人口の1%80万人
を米軍橋頭堡に向けて前進させる。米軍が長所を活かせない機関銃、小銃、手榴弾による接近戦を挑む。

そうすればどうなるか?

米上陸軍は溶けてなくなる。上陸部隊、ざっと3万から5万人は死傷あるいは捕虜となる。
米国はそれには耐えられない。なによりも無名の師であるためだ。


「同盟」とは・・・。見捨てられた「同盟クルド」の件で見えた「同盟ジャパン」の運命— Osprey Fuan Club

米軍が日本を守ると信じて疑わない純真な心のウヨたちに。

「同盟」とは・・・。見捨てられた「同盟クルド」の件で見えた「同盟ジャパン」の運命— Osprey Fuan Club

ospreyfuanclub.hatenablog.com/entry/2019/12/16/012701


米軍が日本を守ると信じて疑わない純真な心のウヨたちに。#日米同盟 とか、そもそも「同盟」とはどういう意味なのか、我々日本が、それを考えるときには歴史をひもとくまでもない。#クルド

アメリカにとって「同盟」とは !?・・・。https://t.co/Y4IeY6s3ZN
— Osprey Fuan Club (@ospreyfuanclub) January 9, 2020