下地島空港が米軍の要求を満たしている。沖縄県民は踊らされていないか。(オーナーシェフのブログ)

下地島空港が米軍の要求を満たしている。沖縄県民は踊らされていないか。

2017年07月08日 オーナーシェフのブログ
http://moistchocolat.ti-da.net/e9692175.html

稲田朋美防衛相は、辺野古新基地建設が進んだとしても、それ以外の返還条件が満たされ
ない場合は、普天間飛行場が返還されないと明言したことが波紋を呼んでいる。しかし、これ
らの報道のあり方には問題提起をしたい。
那覇空港の滑走路は2本になっても飛行機の発着はわずか1・17倍にしかならないのは計
算上わかっている、それは翁長知事にしても知事公室長にしても、在沖米軍にしても、日本政
府も当然知っていることだ。
県民の反発を考えれば、沖縄を恒久的な基地の島としてみた場合には県民反発が強ければ、
そもそも那覇空港を大規模には使えないことは自明であろう。

5日の県議会で、県内の1カ所の民間空港について問われた謝花公室長は、日米両政府は特
定の空港を明示していないとした上で「普天間飛行場の滑走路が約2800メートルなので、270
0メートルある那覇空港を指しているのではないかと推察している」と述べ、「那覇空港は過密。
自衛隊も使用している。観光への悪影響もある。決して認められない」と使用に反対する姿勢
を示した。平良昭一氏(おきなわ)の質問に答えた。那覇空港の(米軍による)使用は絶対に認
められない」(琉球新報7/6)と報じている。

そこでなぜ、県紙が宮古島の西に位置する下地島空港に触れないのか、発言がなく追求がな
かったことに強い疑念を感じている。この言質を取り付けたことは、一つの前進と認めるにして
も、明確に語ったことと、あえて語らなかったことの間には断然があり、政治の世界では免罪符
のように機能している。それが沖縄への差別と一向に解決できない基地問題の底流にあって、
表層の約束に右往左往してきたのがこれまでの教訓ではなかったのだろうか。
米軍との共同使用を前提にした航空自衛隊の専用基地を作るのであれば、今更沖縄のどこ
かに巨大な滑走路をつくることは難しいのだから、それを満たすのは3000mの滑走路を持つ
下地島空港を於いて他にないと考えるのが最もありうべき論理である。それが全く抜け落ちて
指摘されないでいるのは、戦後より耐用年数の過ぎた米軍基地を、米軍の下請けになった自
衛隊基地に置き換えていくという大きな視点であって、それを見抜けないメディアであれ政治
家であるのならば、完全にその資質に欠けている。

沖縄県の人口の90%以上が沖縄本島に集中している。当然のことながら新聞というメディア
は最大公約数から経営を成り立たせているのだから、残りの10%にはそれほど力を注がない
のが現実的な処世術としては致し方ない。その証左に、沖縄の米軍基地問題の影に隠れて進
行する自衛隊基地配備の問題になるとほとんど全国的に知られていないし、沖縄県内でも関心
が高いとは言えない。実質的な県内基地移転に等しい状況には警鐘を鳴らしているのであろうか。
私が住んでいる与那国島には昨年陸自の基地ができた。これから宮古島、石垣島、奄美大島
へと新基地建設は進もうとしている。軍民共用の那覇空港の過密状態にしても、これまでの航
空隊を2倍増させて航空団に昇格したことが背景にある。自衛隊の軍拡が根底にあって、この
認識のギャップに無知なのであれば救いようはあるが、無自覚に加担しているのであれば、や
はりその質を問わなければならないだろう。それが如実に現れたのが今回の報道であろうと思う。

中央の経済発展を餌にして、地方に迷惑施設を押し付けるといったやり方に対して矛盾が表出
し、本当の豊かさとは何かを問われているのが資本主義の末期的な実相である。前時代に針を
戻すような、辺境を侵略する帝国主義の焼き直しと同様の横暴を、消極的であれ容認するので
あれば、全ての人が離島住民に対して再び軍事的な加害者になりうる可能性を秘めているの
である。
現実の軍拡化は今もなお島々で進行し続けている。ここで語られている那覇空港の使用の
有無が問題なのではなく、何が語られていないのかが最も問題視されるべきである。沖縄の
問題を南西諸島を戦略の拠点として演繹的に俯瞰して見たとき、その視座は広がって、何が
語られていないかに目を向けることが同じ設問の裏表になる。米軍基地問題に苦しんだ沖縄
は再び騙されようとしているのではないだろうか。裏の下地島空港案が選択肢として用意され
ていて、すでに維新の会をはじめ利権の亡者が密室で島を売り渡そうとしている。報道のあり
方と政治家の蜜月が、市民をないがしろにして沖縄県民の分断を作り始めていることを見落と
してはならないと思っている。


スポンサーサイト

有事では宮古島の市街地で隠れる「地対艦ミサイル」住民の扱いは?戦場パニックで「スパイ容疑も?」

★異民族の沖縄人、戦時では過酷な運命になる!

沖縄の歴史の話



『琉球新報』の「県民意識調査」結果~その天皇観は何を語るのか
2017年1月 6日 (金) 内野光子のブログ
http://dmituko.cocolog-nifty.com/utino/2017/01/post-d7d0.html

マッカーサーが本国へ送った打電
「日本人は沖縄の占領に反対しない。なぜなら沖縄人は日本人ではないのだから。」
https://twitter.com/yamchiOK/status/766982884485771264

有事では宮古島の市街地で隠れる「地対艦ミサイル」住民の扱いは?戦場パニックで「スパイ容疑も?」

地対艦ミサイル訓練公開 那覇駐屯地|沖縄ニュース
http://www.goyah.net/okinawa_news/politics_economy/page22256464.html

『自衛隊の先島配備と自衛隊員たち―今、自衛隊で何がおこっているのか?』 小西誠氏を囲んで討論会
https://www.youtube.com/watch?v=tapu3Cb8jcA&t=6282s

チョコレート同盟☆彡‏ @moistchocolat · 6月23日
https://twitter.com/moistchocolat/status/878094245084643328

石垣島に進駐してきた日本軍は住民をマラリアの有病地帯に追いやった。八重山での死者
は人口の11%に及んだ。さらに米軍が上陸してきた場合は、軍の情報が漏れないように「住
民を虐殺しなさいと、銃弾が配られていた」
映画「標的の島」での証言。

日本兵、国頭で住民虐殺 スパイ嫌疑で9人 事件詳細、村史に初記録 - 琉球新報 - 沖縄の新聞



宮古島・八重山で勃発する日中戦争も「降伏」なき全滅戦争である!

宮古島・八重山で勃発する日中戦争も「降伏」なき全滅戦争である!

今日6月23日は、天皇延命のため、住民を巻き込みながら戦争を引き延ばしてきた日本軍司令官が「死ぬまで戦いつづけろ」と言い残して勝手に死んだ日。米軍が沖縄戦終了を宣言したのは7月2日。日本軍がコザで全面降伏に調印したのは9月7日。

— n_n (@henoko_tushin) 2017年6月23日



石垣島に進駐してきた日本軍は住民をマラリアの有病地帯に追いやった。八重山での死者は人口の11%に及んだ。さらに米軍が上陸してきた場合は、軍の情報が漏れないように「住民を虐殺しなさいと、銃弾が配られていた」
映画「標的の島」での証言。 pic.twitter.com/ORSuxIZpR7

— チョコレート同盟☆彡 (@moistchocolat) 2017年6月23日