「私達は日本人です」と書かれたバナーを持ち歩いた沖縄人、本当悲しいよね。— Shinako Oyakwa

「私達は日本人です」と書かれたバナーを持ち歩いた沖縄人、本当悲しいよね。 pic.twitter.com/tKgB3GRDOq

— Shinako Oyakwa (@Oshinako) 2018年2月12日



スポンサーサイト

沖縄県が県外からの移住促進政策「果たしてうまくいくかな?」

沖縄県が県外からの移住促進政策「果たしてうまくいくかな?」

★定着するのは困難、選挙時だけ来るかもね!





沖縄も知事と政府の辺野古に関する協議が非公開で、県側が文書を残していない。— Masami Mel K.  河村 雅美 沖縄県の公文書管理体制をただすのは、地元メディアが果たすべき— 谷津憲郎

沖縄も知事と政府の辺野古に関する協議が非公開で、県側が文書を残していない。— Masami Mel K.  河村 雅美
沖縄県の公文書管理体制をただすのは、地元メディアが果たすべき— 谷津憲郎

沖縄も知事と政府の辺野古に関する協議が非公開で、県側が文書を残していない。基地問題を騒ぐんだけど、文書に関する認識が行政もメディアも議員も低い。意思決定過程をたどれることが重要であること、記録を残さないことで交渉時に足元をみられることの危険性などの意識があまりない。 https://t.co/C0ppe32jKD

— Masami Mel K.  河村 雅美 (@sirenamel) 2018年1月28日



少し前の論文だが、こういう記述もある。沖縄県の公文書管理体制をただすのは、地元メディアが果たすべき役割。 pic.twitter.com/ZDoXN0M5AM

— 谷津憲郎 (@yatsu_n) 2018年2月1日



この指摘はきわめて重要。大田昌秀氏がつくった沖縄県公文書館には、戦後や米統治下の資料は山のようにあるが、いわゆる95年以降の資料がほとんどない。ある県幹部から、大田・稲嶺時代の意思形成過程に関する公文書を見たことがない、と言われたこともある。 https://t.co/aZptPn5Rn3

— 谷津憲郎 (@yatsu_n) 2018年2月1日