FC2ブログ

キナ氏は北朝鮮、下地氏は統一教会と仲良しだった!

キナ氏は北朝鮮、下地氏は統一教会と仲良しだった!


え、国民新党幹事長ほか6人が亀井さんに反旗?

リチャード・コシミズ blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_155.html

下地さんはこういう方です。

統一教会の請願を受けた吉田公一(民主党)下地幹郎(国民新党)衆院議員
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2010/12/post_efd4.html

2010/12/03
統一教会の請願を受けた吉田公一(民主党)下地幹郎(国民新党)衆院議員
 
12月3日(金)午後3時。東京都青少年健全育成条例改正案が表現の自由を規制するものであることは昨日のブログに書いたとおりだ。参議院選挙前、私に反対表明を求めた都議もなぜか賛成するという。「ぶれない」議員が誰かをちゃんと有権者に知らせなければならない。日本雑誌協会として講談社の渡瀬昌彦さん、小学館の坂本隆さん、集英社の木川真希子さん、雑誌協会の渡辺桂志さんが事務所に来訪。条例改正案反対への協力を求められる。昼過ぎに本会議が終わり、臨時国会が閉会した。議員総会の会議室で簡単な打ち上げを終え、1時前に急いで国会前。デモが続いていた。統一教会「偽装」組織による「拉致・監禁」キャンペーンである。正式名称は「守れ!日本の人権・信教の自由」決起集会。主催は「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」。後援は統一教会などだ。衆議院の議員面会所受付けによると請願受付けは政党としては国民新党だけ。日比谷野外音楽堂で訴えたのは、青山丘・国民新党元衆議院議員。国会前で「請願書」を受け取ったのは、民主党の吉田公一衆院議員と下地幹郎衆院議員の公設第2秘書(もう一人は確認中)。吉田氏は8月6日に「信教の自由と人権問題を語るシンポジウム」が憲政記念館で行われたときの会場申込者である。霊感商法をいまでも行う反社会的集団=統一教会を公然と支援する議員の姿が明らかとなった。


喜納昌吉氏は金正恩の誕生を祝賀したセミナーに参加していた!

北朝鮮:チュチェ思想全国セミナーが沖縄で開催される2013,1,13
http://dprkj.v.wol.ne.jp/130201.htm

沖縄のカルト・怪事件情報
http://okinawajiken.blog.jp/archives/1012781466.html

★セミナーでは、喜納昌吉氏があいさつし、人類は地球を何回も破壊することのできる核兵器を保有

していること、また福島原発事故に言及しながら、破壊する文明ではなく創造する文明の流れをつく

っていかなければならないと語りました。


チュチェ(主体)思想

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E4%BD%93%E6%80%9D%E6%83%B3

沖縄県内の北朝鮮人脈とは?

http://ameblo.jp/helios40-okinawa/entry-11308964215.html



屋良朝助が考える沖縄知事選分析

<<<屋良朝助が考える沖縄知事選分析>>>


yara__biggerYARA CHOSUKE

屋良朝助twitter
https://twitter.com/YaraChosuke


きな氏と下地氏は翁長氏の票割りのつもりだと一般的に見られているが、逆に6対4
でなかいま氏の票を取る公算が大きいと見る。理由は下地氏は土建屋関係だし、翁長
支持の人は考えがしっかりしているので、きな氏には入れないからである。謀略は失
敗である。

2014.11.16投票
知事選
県議補欠選
那覇市長選
那覇市会議員補欠選


>>依頼による転載。

沖縄の将来の姿を考える重要な選挙です。

 イギリスからの独立を問う住民投票が行われた
スコットランドでは惜しくも独立派はまけましたが、
民主的な独立の方法を私たちに教えてくれました。
 評論家の佐藤優氏は雑誌『創』11月号の連載
「ナショナリズムという病理」の中で、今回の沖縄
県知事選挙は翁長雄志氏が「自己決定権」を掲げて
いる。沖縄人のアイデンティティを重視している。
 一方の仲井弘多氏は本土との同化を主張している。
つまり県知事選挙は自己決定権をめぐる住民投票の
要素をあわせもっている。そのような意味のことを
述べている、と指摘している。

 だから、私たちは英国スコットランドを見習って
県知事選挙を考えたいものです。沖縄の将来の姿を
考える重要な選挙です。


沖縄県知事選 大城氏は不出馬!

沖縄県知事選 大城氏は不出馬!

大城氏は不出馬(沖縄タイムス)


MABOROSI TIJIKOUHO

2014 10,31 沖縄タイムス

琉球独立を政策に知事選出馬を表明していた
経営コンサルタント会社代表の大城浩氏(48)
は30日、出馬を断念した。

県選挙管理委員会への供託金を支払えない
ことを理由としている。


計画が狂ってきた『反琉球独立ネット右翼』

http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-606.html

.