FC2ブログ

台湾独立の動きには武力行使も辞せず 中国 習主席— NHKニュース

台湾独立の動きには武力行使も辞せず 中国 習主席— NHKニュース



中国、台湾問題干渉の際には力の行使を放棄せず— Sputnik 日本



中国・習主席「武力行使も辞さず」とけん制(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース



スポンサーサイト



台湾の馬英九(マー・インジウ)前総統「尖閣は中国のもの、国際司法裁判所で争う時は証拠出す」— レコードチャイナ


New post: " 馬英九氏「尖閣は中国のもの、国際司法裁判所で争う時は証拠出す」 https://t.co/RLqpqF9ADl

— レコードチャイナ (@recordchina) 2018年6月28日




2018年6月27日、観察者網によると、台湾の馬英九(マー・インジウ)前総統が、尖閣諸島問
題を国際法廷で争う際に有力な歴史資料を提供する意向を示した。

台湾・聯合報の26日付報道によると、馬氏は同日新北市の世界宗教博物館に歴代の福建
方志を寄贈した際に「方志は釣魚台(尖閣諸島の台湾名称)が中国のものであることを証明
する最重要資料。今後国際法廷で争う機会があれば、提供したい」と語ったという。

記事は、中国メディアが2015年に「馬氏はかつて尖閣諸島運動の『熱血青年』で、70年代に
は同窓生とともにデモを起こしたという。08年に出版した自著でも『徹夜でポスターを書き、
街でデモに参加し、日本の特使の車に生卵を投げつけた』と告白している」と報じたことを指摘。

また、「ハーバード大学在学中の国際法に関する博士論文でも尖閣諸島関連の内容を書き、
1986年に出版した書籍でも大量の国際条約や司法判例を用いて尖閣諸島が中国領であると
いう論拠を示した」と伝えている。

一方で、総統在任中だった2012年8月に日本メディアの取材を受けた際には、台湾が尖閣諸
島の主権を持っていると強調するとともに「中国本土と手を組んで日本に対抗するつもりは
ない。主張の違いにより日台関係が悪化することは避けたい」と語るなど、その姿勢につい
ては「物議を醸したこともある」とも紹介した。(翻訳・編集/川尻)

アジア最大の不安要素は「中国」=沖縄訪問中の李登輝元総統(中央社フォーカス台湾) - Yahoo!ニュース

アジア最大の不安要素は「中国」=沖縄訪問中の李登輝元総統(中央社フォーカス台湾) - Yahoo!ニュース https://t.co/KbNlWrCynf @YahooNewsTopics

— ヘリオス40 (@helios40) 2018年6月23日