FC2ブログ

空母いぶき映画化で日本国民が中国との戦争を容認へ

空母いぶき映画化で日本国民が中国との戦争を容認へ

>(ヘリオス40)
強襲揚陸艦だよね、地上部隊を詰込ん
で、宮古、石垣島に運び、硫黄島の戦い
みたいなこと考えているんじゃないかな~

(読者Q氏)
全くそうだと思います今日空母いぶきをネットカフェで読みました

要するにアメリカ武器を自腹で買わされ、アジア人同士戦わせろということです。
いぶきは、19年から実写化決定だそうです。

日本政府が、昨日、空母を造ると閣議決定したことについて その1
http://inorinowa2.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

映画『空母いぶき』特報 2019年全国ロードショー



空母化は「新たな挑戦」 防衛相、いずも視察



◎ブログの読者様から助言がありましたので、お知らせいたします。


今後、下記のことに、国民あげて注意し、回避していくべきです。

さいわい、現在、北朝鮮や韓国などでは、軍の交流、終戦協定、非核化に向けた非軍事
へのの流れがつくられつつあります。
(現在、ロシアとNATOとの緊張、中国の拡張主義と欧米との対立にも注意が必要ですが)


・憲法 9 条改定による、集団的自衛権(他国攻撃)の合法化
・大量の武器購入
・貧困等による国民の軍国化容認(貧困で軍国を容認する例は多いです)
・教育、 18 歳~ 65 歳の男女、女子供の動員。道徳教育などの徹底。
・兵器使用、製造や看護などの人材育成。
・ナチス時代にあった、国家放火事件などの偽装テロによる、大量の国民逮捕、その後の
政権掌握。独裁。
・テロ、震災などによる、国民の不安化、非常事態宣言。


関連記事を下記に示します。
ほんとうに、日本がこのようなことをしていかないように、国民が意識を持って、流されず
、注意していくべきです。

共謀罪、緊急事態宣言、そして国民が知らないうちに軍国化することについて
http://inorinowa2.blog.fc2.com/blog-entry-140.html

北朝鮮の脅威とアメリカの圧力について
http://inorinowa2.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

下記、過去記事ですが、改めて安倍(元)閣僚たちのコメントを掲載します。
今、読んでいただきたいと思います。

アメリカに(自衛官含めた)日本人の命を捧げる、と忠誠を誓いつつ、本音では日本人全体
を戦争にかり出すことを画策していることが読み取れます。日本人自身の命に関わる問題
ということを知っていただけたらと思います。

●安倍首相オリンピック招致の発表
「(福島原発事故について)汚染水は完全にブロックされている。世界で最も厳しい安全基
準があります」
「(原発事故による)健康問題については今までも現在もそして将来も全く問題がないこと
をお約束します」

「軍事同盟というのは血の同盟であって、日本人も血を流さなければアメリカとの対等な関
係にはなれない」 『この国を守る決意』( 2004 年 1 月)対談本

●安倍首相「安保法制は、南シナ海の中国が相手なの。だから、やる(法案を通す)と言
ったらやる」
 オバマ大統領に「南シナ海に自衛隊の艦船派遣検討する」

● 稲田朋美 自民党政調会長
「男子も女子も、自衛隊を体験をするのはすごく重要」
「選挙権は国に命をかける者のみにあるべきだ」
「教育体験のような形で、若者全員に一度は自衛隊に触れてもらえば、今の男子も背筋
がビシッとするかもしれません」

●西田昌司・自民党副幹事長
「そもそも国民に主権があることがおかしい」
「主権在民が間違ってる(国民に国家の主権がない)」

●石破茂 地方創生担当大臣
「戦争に行かない人は、死刑」
「徴兵制は苦役にならないから、違憲ではない」
「沖縄に県民で構成する海兵隊があったらどうかと思う。北海道など全国でも郷土部隊
を構成できたらいい」

スポンサーサイト



映画『沖縄スパイ戦史』予告編 - YouTube

映画『沖縄スパイ戦史』予告編 - YouTube



『標的の島 風かたか』劇場予告編 https://t.co/aZITqdgZFO @YouTubeさんから

— ヘリオス40 (@helios40) 2018年11月11日





【三上智恵×倉田真由美】 ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」 しゃべれない沖縄

【三上智恵×倉田真由美】 ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」 しゃべれない沖縄



沖縄を再び犠牲にしないために ー南西諸島の今と映画『沖縄スパイ戦史』から考えるー 前半 https://t.co/Hfkwe9CtsD @YouTubeさんから

— ヘリオス40 (@helios40) 2018年11月7日