安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」 中央日報日本語版

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」

2006年09月30日 中央日報日本語版



「私は朝鮮(人)だ」--。

日本の安倍晋三新首相の父親、安倍晋太郎(1991年死亡)元外相が普段からこのように
言ったと、世界(セゲ)日報が日本の「週刊朝日」を引用して報道した。

この週刊誌は10月6日付カバーストーリーで「安倍晋三研究-家政婦が見た安倍、岸3代」
という見出しで安倍首相家門の内側を特集報道した。

岸と安倍の家門で家政婦として40年を過ごした久保ウメさん(80)は、週間朝日とのインタ
ビューで安倍首相の父親、安倍元外相が告白した家庭の内部を比較的詳しく伝えた。

久保さんは「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元
外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」
と説明した。

それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の
体形だ。

(安倍元外相)自らも『私は朝鮮(人)だ。朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと
思った」と回顧した。また「(政治家として周辺に)人気が高く、よってもう少し元気に活動する
時間があれば、北朝鮮問題も解決したと思う。安倍元外相の死は国の損害だった」と惜しんだ。

この雑誌は安倍元外相は生前に安倍家の起源は10世紀くらいまで韓半島北で中国大陸に
かけて存在した渤海(パルヘ)国に始まったという考えを持っていたが、日本での安倍家の起
源は明らかではないと報道した。安倍家の起源について久保さんは「安倍家の本流は青森県だ。
安倍元外相が朝鮮だと言ったが、これは今の北朝鮮ではなく、その北と吉林省の下側にあった
渤海」と「11世紀平安時代の武将だった安倍が今の安倍家の祖先と一致する」と説明した。

安倍晋三首相の母方の父である岸信介元首相も安倍首相を非常に惜しんだと付け加えた。

久保さんは安倍首相が生まれる前から東京の岸元首相の自宅で家政婦として過ごし、今は
そこを出て東京に住んでいる。

1924年生まれの安倍元外相は毎日新聞記者時代の1956年当時、外相だった岸元首相
の個人秘書となり、その娘の洋子さんと結婚、1991年5月、首相(自民党総裁)を目前にして
病気で死去している。


スポンサーサイト

1945年8月9日、長崎に原爆が投下される。爆心地は、被差別部落であった。

1945年8月9日、長崎に原爆が投下される。爆心地は、被差別部落であった。

生き抜け、その日のために ―長崎の被差別部落とキリシタン

http://www.kyobunkwan.co.jp/xbook/archives/80973

HISABETU BURAKU


日本を守るため有事の際は犠牲になると言われる
「アイヌ民族の血を受け継ぐ、東北」「琉球」
「被差別部落」



根強く残る部落差別問題【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 

根強く残る部落差別問題【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 




(関与しないで下さい)沖縄には『日本の部落問題はありません』
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-2537.html

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対運動への連帯も盛り込んだ。

部落開放同盟が全国大会(2017 3,3  沖縄タイムス)

170303_0604~001