沖縄によく現れる関東連合・伊藤リオン!現在のスポンサーは吉◎◎業?

沖縄によく現れる関東連合・伊藤リオン!現在のスポンサーは吉◎◎業?


伊藤リオン 最新乱闘 沖縄 関東連合 https://t.co/tJvimt7KLJ @YouTubeさんから

— ヘリオス40 (@helios40) 2018年6月6日



飲食店出た直後、集団で襲う 傷害疑いで暴力団の男4人逮捕 那覇市松山(沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース https://t.co/CUscMZdfKF @YahooNewsTopics

— ヘリオス40 (@helios40) 2018年6月6日




伊藤リオン、現在は沖縄で喧嘩!海老蔵事件の真相や山口組波紋も総まとめ https://t.co/IzCv5hJfyA

— ヘリオス40 (@helios40) 2018年6月6日




スポンサーサイト

ベクテル社とウィリアム・ペリー前国防長官

ベクテル社とウィリアム・ペリー前国防長官

翁長知事、3月米国でシンポ開催 ペリー元米国防長官招き、新基地解決策探る(沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース https://t.co/lBGBtuBYrW @YahooNewsTopics



合意前にあった辺野古軍事施設の図面 | プレジデントオンライン
http://president.jp/articles/print/5719

沖縄県議たちの前に現れた米前国防長官

「なんかおかしい」――1999年9月1日の夕刻、米国西海岸サンフランシスコの海運業記念館
レストランにいた上原政英沖縄県議(当時)は、夕食会の席に現れた大物ゲストとその挨拶に
奇妙な違和感を覚えた。米軍基地跡地の安全処理方法を視察するため、米国大使館を通じ
てこの地を訪れていた同県議ら沖縄県基地返還跡地利用特別委員会の議員たちの前に、い
きなりウィリアム・ペリー前国防長官(当時)が登場したからである。

スピーチは北朝鮮と沖縄米軍基地の問題や、普天間飛行場の移設予定地である辺野古での
工法にまで及んだ。上原氏は「こんな大物が我々のような県議にわざわざ挨拶に来るのはお
かしい。委員長、この夕食会は断りましょう」と囁いたが、事情がのみ込めない議員団としては
その場を退席するわけにもいかず、結局、米国側のセッティングによる2時間程度のスケジュ
ールが消化された。


96年12月2日のSACO最終報告では、「普天間飛行場の全面返還を含む沖縄県内の米軍11
施設、5002ヘクタールの返還」が日米間で合意された。合意文書の署名人欄には、池田行彦
外相(当時。以下同)、久間章生防衛庁長官、モンデール駐日大使、そして、3年後にベクテル社
主催の夕食会で上原氏ら沖縄県議団の前に登場することになるペリー国防長官の名が連ねら
れている。

<産経新聞>「米兵が救助」の記事削除 地元紙批判記事も

<産経新聞>「米兵が救助」の記事削除 地元紙批判記事も


2/8(木) 10:16配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000019-mai-soci

 産経新聞社は8日朝刊1面で、沖縄市で昨年12月に発生した交通事故を巡り米海兵隊員
が日本人男性を救助したとする記事(17年12月12日朝刊)について、事実が確認されなか
ったとして、「おわびと削除」との記事を掲載した。また、救助について報じなかったとして、地
元紙の琉球新報、沖縄タイムスを批判したウェブ版ニュースサイトの記事(同9日)も削除。「琉
球新報、沖縄タイムスの報道姿勢に対する行き過ぎた表現があった。両社と読者の皆様にお
わびします」とした。

 事故は昨年12月1日早朝、沖縄市の沖縄自動車道で発生し、在沖縄米海兵隊の男性曹長
(当時44歳)が後続の米海兵隊員の車にはねられ、頭の骨を折るなどの大けがをした。

 産経新聞社の検証によると、那覇支局長は「曹長の勇敢な行動がネット上で称賛されてい
る」との情報を入手。曹長の妻のフェイスブックや米テレビ局の報道を見て米海兵隊に取材し
たが、沖縄県警に取材しなかった。

 琉球新報が1月30日に救助を否定する米軍の談話を掲載し、再取材したところ、米海兵
隊から「救助活動は確認できなかった」との回答を得たという。

 産経新聞社は乾正人・同社執行役員東京編集局長の「再発防止のため記者教育をさらに
徹底するとともに、出稿体制を見直し、記事の信頼性向上に努める。事故にあわれた関係者
、琉球新報、沖縄タイムス、読者の皆さまに深くおわびする」とのコメントも掲載した。【酒井祥宏】