読者の皆様、本年はありがとうございました!


人気ブログランキングへ

★プロミスキーパーズ施設で殺人事件
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-55.html




読者の皆様、本年はありがとうございました!


2014年は沖縄独立関係 知識人の『生取材』も行いたい

と思っていますので、応援を宜しくお願い致します。


ヘリオス40




スポンサーサイト

自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ(共同通信)


人気ブログランキングへ

★プロミスキーパーズ施設で殺人事件
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-55.html




★2014年に入ると安倍総理から『徴兵制』の話が「確実」に出ますね。

★自・公に投票した沖縄県民は戦争はどこで行われるのか?「認識」され「覚悟」も必要。

★ 27. 2012年9月27日 03:26:42 : 4WbheaPSNc

自民党の先生方のご子息も徴兵されるのかな?

まさかの、徴兵逃れはダメですよ。

マイケル・ムーアのドキュメンタリーでは、アメリカの議員の家族でイラク戦争に行ったのは、たった1人だそうですよ。


自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ(共同通信)

http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/337.html

投稿者 こーるてん 日時 2012 年 9 月 26 日 11:05:48: hndh7vd2.ZV/2


http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030401000592.html

自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ
 
 自民党憲法改正推進本部(本部長・保利耕輔前政調会長)は4日の会合で、徴兵制導入の検討を示唆するなど保守色を強く打ち出した論点を公表した。これを基に議論を進め、05年に策定した改憲草案に修正を加えて、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が施行される5月までの成案取りまとめを目指す。

 参院選を視野に、離反した保守層を呼び戻す狙いとみられる。ただ05年草案も徴兵制には踏み込んでおらず、「右派」色を強めたと受け取られる可能性もある。今後党内外で論議を呼ぶのは必至だ。

 大島理森幹事長は4日夜に「論点は他の民主主義国家の現状を整理したにすぎない。わが党が徴兵制を検討することはない」と火消しを図るコメントを発表した。

 論点では「国民の義務」の項目で、ドイツなどで憲法に国民の兵役義務が定められていると指摘した上で「民主主義国家における兵役義務の意味や軍隊と国民との関係について、さらに詰めた検討を行う必要がある」と記述。

2010/03/04 20:49 【共同通信】


ロシアの超強力爆撃機がいよいよ中国の手に


人気ブログランキングへ

★プロミスキーパーズ施設で殺人事件
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-55.html



★中国人民解放軍が沖縄や日本本土に武力侵攻する際の最大の

弱点は『爆撃機』と『上陸用艦船を使用する、渡海能力』である。

★中国がロシア製中距離爆撃機「ツポレフTu-22M3バックファイアー」を獲得した

ならば、爆撃能力が飛躍的に向上した事になる。

img_451272_37493030_0BACK FIRE

Tu-22Mバックファイヤー


ロシアの超強力爆撃機がいよいよ中国の手に

自衛隊にとっての“古い友人”「バックファイアー」
2013.01.21(月) 北村 淳

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36951


安倍政権の発足とともにアメリカ軍事関係コミュニティーでは尖閣問題をはじめ日本周辺を巡る安全保障問題に関する関心が高まっている。それらの中で、日本ではあまり取り沙汰されていない話題の1つが、中国人民解放軍がロシアから「ツポレフTu-22M3」超音速爆撃機を生産ラインごと輸入することでモスクワと北京が合意に達したらしい、という情報である。このような情報はこれまで幾度も取り沙汰されていたが、今回はいよいよTu-22M3の人民解放軍への配備が具体的秒読み段階に入っているとみなされている。

冷戦時代にソ連が開発した米海軍、自衛隊の“古き友人”
 Tu-22M3、NATOコードネーム「バックファイアーC」(本稿では単に「バックファイアー」と呼称する)、はソ連が1970年代中ごろから80年代前半にかけて開発した超音速爆撃機である。


ロシア空軍の「Tu-22M3」 冷戦中はソ連空軍が運用し、敵地(アメリカ、日本など)への戦略爆撃ならびにアメリカ海軍空母戦闘群に対する攻撃を主たる任務とした。そのため、自衛隊の警戒網を突破することが最重要課題であり、幾度となく警戒網突破の試みがなされた。いわば、バックファイアーは自衛隊にとって“古き友人”なのである。

 この超音速爆撃機によって発射される超音速巡航ミサイルから、空母そして空母戦闘群を防御するために、アメリカ海軍はイージス戦闘システムを完成させた。そして、第7艦隊空母戦闘群の護衛に携わる海上自衛隊にもイージスシステム搭載駆逐艦を装備“させた”のが、現在海上自衛隊が運用するイージス駆逐艦の起源である。

 もっとも、海上自衛隊が「こんごう型」イージス駆逐艦を就役させた1993年には、既にソ連は崩壊しており“主敵”であるソ連軍バックファイアーは海上自衛隊やアメリカ海軍の脅威の地位から退いてしまっていた。そのため、超高性能防空戦闘システムであるイージスシステム搭載艦は無用になってしまったかに見えたが、弾道ミサイル防衛システムとして転生し、北朝鮮や中国の弾道ミサイルに対処するという新しい役目を担うこととなった。

 Tu-22M3の機体自体のデザインは冷戦期の設計であり、アメリカ空軍のスティルス爆撃機のような21世紀型爆撃機とは言えないものの、中国空軍ならびに海軍航空隊が運用中の「H-6」爆撃機はさらに古い冷戦期前半に設計された機体であり、航空機の性能自体も飛躍的に向上している。そして何よりも、バックファイアーに搭載される各種長距離巡航ミサイルは極めて強力であり、アメリカ海軍や日本にとっては“古き友人”の中国からの復活は、新たな脅威の誕生なのである。

バックファイアーに搭載されるミサイルは?
 アメリカの軍事専門家たちが、中国人民解放軍のバックファイアーに関心を示しているのは、バックファイアーはかつてソ連軍がアメリカ海軍航空母艦を撃破するために配備されていたため、人民解放軍も第2列島線内のアメリカ海軍航空母艦に脅威を与える可能性があると考えているからである。

(注)「第2列島線」とは、伊豆諸島から小笠原諸島、グアム・サイパンなどのマリアナ諸島を経てパプアニューギニアに至る島嶼を結んだライン。九州から南西諸島、台湾、フィリピンを経てボルネオに至る第1列島線とともに、東アジア地域の海軍戦略に頻繁に利用される概念。かつて冷戦期には、西側勢力が中国をはじめとする東側勢力を封じ込めるための第1・第2の防御ラインとして用いられた概念であり、近年は中国がアメリカの軍事的圧迫からの“防衛ライン”として用いる概念となっている。中国海軍戦略によれば、2020年頃には第2列島線内部で人民解放軍がアメリカ軍に対する優勢的立場を確保することを目標としている。

暗黒社会突入日本の2013年10大政治ニュース


人気ブログランキングへ

★プロミスキーパーズ施設で殺人事件
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-55.html



★2014年 日本本土、沖縄ともに非常に厳しい年になりそうだ!

暗黒社会突入日本の2013年10大政治ニュース

植草一秀の『知られざる真実』

マスコミの伝えない政治・社会・株式の真実・真相・深層を植草一秀が斬る


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/201410-4099.html

経済は少し明るくなったが、社会は暗闇に覆われ始めている。

2009年の輝かしい政権交代の船出から丸4年が経過して、日本は暗黒の世界に突き進んでいる。

日本の主権者が意識して進んだ道ではない。

2009年の政権交代を危機と感じた暗黒の勢力が情報空間を占拠して誘導した結果である。

覚醒した主権者はいまここにある危機にはっきりと気付いているが、多くの意識の薄い主権者は、この危機の深刻さに気付いていない。

次の総選挙は恐らく2016年の夏の衆参ダブルになるだろう。

それまでに2年半の時間がある。

この2年半を活用すれば、危機から抜け出すことはできる。

しかし、暗黒の勢力が手をこまぬいてこの時間を過ごすわけではない。

主権者が覚醒し、事態を打開しなければ、暗黒の勢力はこの時間を活用して、日本を真っ暗闇に陥れてしまうだろう。

安倍政権の暴走があと2年半も持続すれば、日本は修復不能の事態に陥るかも知れない。


2013年が間もなく終わる。

暗黒の世界に突き進む日本を象徴する10の事象を列挙してみよう。

1.参院選で自民勝利。衆参ねじれが消滅。

2.現代版治安維持法の呼び声が高い「特定秘密保護法」の強行制定。

3.仲井真弘多沖縄県知事が裏切りの辺野古埋め立て申請許可。

4.2014年4月の消費税率3%引上げ実施方針提示。

5.安倍晋三氏が靖国神社を参拝。

6.徳洲会から5000万円受領で猪瀬直樹東京都知事が辞任。

7.日銀総裁に財務省OBの黒田東彦氏が天下り。

8.TPP断固反対の自民党総裁がTPP交渉への参加表明。

9.最高検が捜査報告書捏造容疑の田代政弘元検事を不起訴決定。

10.安倍政権が財務省による日本政策金融公庫・国際協力銀行トップポスト奪還を容認。


私が『アベノリスク』(講談社)

http://goo.gl/xu3Us

に記した7つの大罪とは、

インフレ、消費税大増税不況、TPP、

原発、シロアリ、憲法、戦争

である。

まさに、暗黒の世へまっしぐらである。

衆参ねじれが消滅したが、これは喜ぶべきことではない。

自公が衆参過半数を占有し、衆議院では3分の2以上の議席を占有した。

数の論理で、独裁政治が実行されている。

しかし、主権者の直接支持は4分の1しか得ていない。

投票率が約5割、投票に行った者の約半分が自公に投票した。

全有権者の4分の1しか自公には投票していない。

それなのに、国会を支配する状況が生まれ、独裁政治が行われている。

歪んだ民主主義と言わざるを得ない。

日本政治を崩壊させた悪の根源は菅直人民主党と野田佳彦民主党である。

主権者の期待を意図的に裏切り、政権交代への希望を絶望に変質させた。

その反作用として安倍独裁政権が生み出されたのである。


メディアも騒がないが、財務省は確実にシロアリ王国を拡張している。

国民に消費税を押し付けるなら、その前に、財務省が天下り利権を切るべきである。

野田佳彦氏の2009年8月15日の「シロアリ演説」はこのことを訴えたものだ。

ところが、野田佳彦氏が首相のポストと引き換えに魂を売り渡し、「シロアリ退治なき消費税増税」を強行決定した。

その財務省が、安倍政権誕生後に、日銀、日本政策金融公庫、国際協力銀行トップの天下りポストを奪還したのである。

2014年は政策投資銀行トップポストも奪還するだろう。

日本は暗黒社会に真っ逆さまに転落だ。


マルコポーロ事件から見えた、共産主義もユダヤ人が作った!


人気ブログランキングへ

★プロミスキーパーズ施設で殺人事件
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-55.html




★ナチス・ドイツのユダヤ人大虐殺はなかった。

マルコポーロ事件から見えた、共産主義もユダヤ人が作った!

マルコポーロ事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6


マルコポーロ事件(マルコポーロじけん)とは、

1995年2月に日本の文藝春秋が発行していた雑誌『マルコポーロ』が、内科医西岡昌紀が寄稿したホロコーストを否定する内容の記事を掲載したことに対して、アメリカのユダヤ人団体サイモン・ウィーゼンタール・センターなどからの抗議を受けて同誌が廃刊したこと、及び当時の社長や編集長が辞任解任された事態を指す。この事件は、日本における「歴史修正主義」あるいは「ホロコースト否認論」を巡る状況のなかで、最も広範囲に話題となったもののひとつである。また、日本における言論の自由をめぐる議論のきっかけとなった。


「『ガス室』の真実」第一章(「マルコポーロ」廃刊事件)全文(転載自由)   西岡昌紀

http://www.asyura2.com/09/wara6/msg/196.html

投稿者 西岡昌紀 日時 2009 年 1 月 15 日


イスラエルが、ガザで行なって居る民間人への残虐行為に強く抗議します。


イスラエルのガザ侵攻と、それによって生じて居るおびただしい
民間人の被害に対する私の抗議として、以下に、私の著作である
『アウシュウィッツ『ガス室』の真実/本当の悲劇は何だったのか』
(日新報道・1997年)の一部(第一章全文)を貼り付けます。


コピペによる転送、転載を歓迎します。イスラエルのプロパガンダ
である「ナチのガス室」をまだ信じて居る御友人、知人などにメール
として転送される事や、各種掲示板に貼り付けて下さる様、お願ひ
申し上げます。--イスラエルがガザで行なって居る民間人
殺戮への抗議活動として、御協力をお願ひ申し上げます。




★マルクス・エンゲルス・レーニン・トロッツキー・スターリンは全員ユダヤ人だった!

★資本主義VS共産主義(社会主義)全部ユダヤ人が関与していた。










共産主義国は、ロックフェラーによって創り出された

http://blog.goo.ne.jp/nvno/e/021666357324285ff2d94fca2f0b8e72

2013年03月26日 | 記事>ソ連を強化し東西冷戦を演出していった。

 アメリカにとってかつてのソビエト(共産主義国)は、仮想敵国であって、実際の敵国ではなく、アメリカの、否、ロックフェラーの経済発展のために作られた国であったと言えるのではないだろうか?
 
“戦争がメシの種”になることを知っている彼らにとって、世界が平和であっては困るのである。東西冷戦の演出は、軍需拡大を促し、それにより莫大な利益を得ている。
 
 また、民主主義国であるアメリカと共産主義国であるかつてのソビエト、今では中国が、一見繋がらない敵国同士と思えるのは、彼らの演出であって、裏では繋がっているのである。

ロックフェラーと共産主義の関係リンク
より以下、引用抜粋

■ロックフェラーと共産主義者の奇妙な関係
 今日、世界中の多くの人々は、共産主義者がロシアで成功したのは、皇帝の専制政治に嫌気がさしていた農民達の支持があったからだと信じているが、これは事実ではない。
 
 我々は、1917年11月のボルシェビキ革命で専制が倒されたかのように教えられているが、実際の所、皇帝は7ヶ月も前に退位していた。
 
 後にボルシェビキ革命の指導者となったレーニンとトロツキーがロシアにいなかったという点だ。レーニンは当時スイスにおり、1905年以来ずっと亡命生活をしていた。又トロツキーもアメリカに亡命して、ロックフェラーのお膝元、ニューヨークで記者生活をしていた。
 
 ボルシェビキが権力の座についたのは、決して「虐げられたロシアの民衆」が二人を呼び戻した為ではなく、ロックフェラーを始めとするアメリカと欧州の大富豪達が、彼ら二人をロシアに送り込んだからである。
 ロックフェラーが、1917年以降も、現在に至るまでソビエト体制(現在はロシア体制と、中国共産党体制)を強力に支援してきた事実は最大の秘密事項とされてきたのだ。

■彼らはソビエトの建設を支援してきた
 ソビエト政府は、我が国の連邦準備制度理事会及び連邦準備銀行の決定により、ロックフェラーのチェース銀行、モルガン・ギャランティ・トラスト他、ニューヨーク市内の幾つかの銀行からアメリカの国家資金を手に入れている。
 諸君、ニューヨークのソビエト政府貿易公社アムトルグやソ連貿易組織本部ゴストルグ、ソビエト国立銀行の帳簿を開いてご覧なさい。これまで何に多くの国家資金が、ソビエトの為にアメリカの国庫から持ち出されてきたか、と云う事が解ってビックリされるだろう。ニューヨークのチェース銀行がソビエト国立銀行の為にどんな取引をしてきたか。調べてみると意外な事が分かるだろう。

以上、引用抜粋終わり

西村真治