「沖縄の基地 脆弱に」ナイ氏米誌で警鐘

★増強した中国の弾道ミサイルに沖縄の米軍がビビッてい
るのなら、早急に米軍基地を日本本土に移転した方がいいと思う。


「沖縄の基地 脆弱に」ナイ氏米誌で警鐘
2014年8月31日 09:31 沖縄タイムス

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=81586


 【平安名純代・米国特約記者】元国防次官補のジョセフ・ナイ氏(現米ハーバード大学教授)が米誌に寄稿し、中国の弾道ミサイルの発達で在沖米軍基地の脆弱(ぜいじゃく)性が高まっていると警鐘を鳴らしていたことが分かった。将来的には日本が在日米軍基地を管理し、米軍は各拠点を巡回配備(ローテーション)すべきだと主張している。

 米オンライン政治誌ハフィントン・ポストの7日付の寄稿で、ナイ氏は、多くの日本人が非対称な同盟に憤りを感じ、「とくに沖縄の米軍基地の重荷にいら立っている」などと指摘。安倍晋三政権の集団的自衛権の行使容認などを評価する一方で、「日米両政府は同盟の構造を再考する必要がある」と問題提起した。

 その上で、「中国の弾道ミサイルの開発で、沖縄の基地の脆弱性は増している」などと状況の変化を指摘。航空自衛隊と米空軍が共同使用する三沢空軍基地を例に挙げながら、「長期的な目標は、米国が基地を徐々に日本の管理下に移行し、米軍が各拠点を巡回(ローテーション)配備すること」と主張。米軍基地を自衛隊の管理下にした上で、米軍が自衛隊の基地や施設を自由に使用する形式への移行を提唱している。


日本と中国との戦争を誘導せよ。ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」

http://ameblo.jp/helios40-okinawa/entry-11655112653.html




スポンサーサイト

08/30のツイートまとめ

helios40

RT @Michiko70554148: 自民党の「婦人たち」って、なんというか、すでに「女性」というよりは、ほとんど「準男性」のような。感じなんですけど。「名誉白人」みたいな。
08-30 16:48

海保、一時20人拘束 辺野古 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース http://t.co/rhFkYo6Iq6
08-30 16:38

国連が日本政府に勧告!「ヘイトスピーチは刑事捜査するべき」「沖縄の人々は先住民だ。米軍基地集中は人種差別」 http://t.co/35Qjt8CVtG
08-30 15:16

RT @mas__yamazaki: 宮城県知事が言い放った「全体の利益のため」「理解できない部分があっても協力せよ」という驚くほど傲慢な言葉は、まさに沖縄戦当時に日本政府が沖縄県民に強いたことで、その結末は県民が一番よく知っている。全体が何かを明示せずに「全体のために犠牲にな…
08-30 15:11

RT @meiko_101224: 辺野古に反対する住民に対する嫌がらせとして「ジュゴン研究観察グループ」は活動を始めたようです。ネット上のジュゴンについての情報を切り貼りして自分達の都合の良いように言い換えてあたかも研究機関のように誤認させて拡散していますが、それはそもそもジ…
08-30 14:53

RT @meiko_101224: やはり「ジュゴン研究観察グループ」はチーム沖縄関係のようで。チーム沖縄とは在特会系の極右団体で幸福の科学と悪魔合体して沖縄の市民に成りすましたり、中国共産党と北朝鮮を混ぜたコスプレをして基地に反対する沖縄の住民はスパイだ!等と街宣などをしてい…
08-30 14:53

2015年の防衛費、GDP1%超えが確実に!防衛省の予算要求は過去最大の5兆545億円!来年度予算の概算要求は初の100兆円以上に! http://t.co/QbJgaYnodb
08-30 14:43

絶対にいってはいけない店 サンシャイン|爆サイ.com http://t.co/1LQ3nvBW05
08-30 12:07

RT @553Sandhood: 自己陶酔の極みⅡ 紙やっとこさ編集校了! ▸ 情報に感謝: @tohokan58@summerof0067@summerof0067@jewjewsenjer@helios40@chateaux1000http://t.co/
08-30 11:54

RT @553Sandhood: 自己陶酔の極みⅠ 紙只今編集校了! ▸ 情報に感謝:@chateaux1000@pikkipikki@helios40@NewsAsiabiz@Save_Animals358@yume3331 @koudaiinhttp://t…
08-30 10:59

続きを読む »

国連人種差別撤廃委員会から日本政府へ勧告

★ヤマト政府の本音とは?危険な米軍基地を先住民族の住む沖縄に集中
迫る財政破綻の責任を取りたくない日本の官僚は米国軍需産業と結託し
日・中戦争を沖縄で仕掛け、混乱状況を乗り切りたいのだ。



国連人種差別撤廃委員会から日本政府へ勧告

世界の中の琉球(松島泰勝)

http://ryukyujichi.blog123.fc2.com/blog-entry-2403.html


国連人種差別撤廃委員会から日本政府へ勧告がでました。琉球人を先住民族と認め、その諸権利を守るための具体的な取り組みをしなさいという、非常に厳しい内容のものです。国連が琉球人を独自の民族であると再び認めたことになります。
The Committee recommends that the State party review its position and consider recognising the Ryukyu as indigenous peoples and take concrete steps to protect their rights. The Committee also recommends that the State party enhance its consultations with Ryukyu representatives on matters related to the promotion and protection of their rights. The Committee further recommends that the State party speed up the implementation of measures adopted to protect the Ryukyu language from risk of disappearance, facilitate education of Ryukyu people in their own language and include their history and culture in textbooks used in school curricula.

KOKUREN RYUKYUGO

2014 8,30 沖縄タイムス


公安調査庁、調査官2000人に増員へ 五輪テロ対策強化

★沖縄県内にどれくらい来るのかな?

★以前聞いた話。沖縄在の知識人Z氏にも挨拶に来たみたいですね!


公安調査庁、調査官2000人に増員へ 五輪テロ対策強化
産経新聞 8月28日(木)7時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000104-san-pol

. 2020年東京五輪開催時のテロリスト対策を強化するため、公安調査庁が調査官を大幅増員する方針を固めたことが27日、分かった。段階的に現在の約1500人から昭和39年の東京五輪当時の2千人態勢とすることを目指しており、来年度予算の概算要求では約50人の純増員を見込む。また尖閣諸島をめぐる問題を念頭に情報拠点を増設するための予算も計上。尖閣諸島周辺だけでなく、東シナ海、南シナ海周辺の情報収集も強化する。

 五輪開催国はテロの標的となる可能性が高いことから、同庁は開催の脅威となる団体や人物の動向を把握するために情報網の強化が必要と判断。約30億円を計上し、国内外における情報収集力を増強する。

 同庁は、昭和27年に約1700人の陣容で発足。前回東京五輪開催時には2千人台とピークに。その後、減員が続き、平成15年に1486人と底を打った後、ほぼ数人規模の増減が続いていた。来年度は前年度の3倍近い80人の増員を要求、政府の定員合理化計画に基づく減員後に約50人の純増を確保する。

 尖閣諸島をめぐっては領有権を主張する中国海警局の公船が相次いで領海に侵入しているが、同庁は水際対策だけでなく、東シナ海周辺の動向に関する情報収集が不可欠と判断。さらに、南シナ海では中国と東南アジア諸国との間で海域をめぐる緊張が高まっていることを受け、南シナ海の動向を把握する必要もあるとして、情報拠点を増設するなどし、広範な情報網を構築する方針だ。



元公安調査庁の菅沼光弘氏曰く「ヤクザ(黑社会的人)の6割が同和関係者、ヤクザの3割が在日韓国朝鮮人である」04 .

.







元隊員が語る「自衛隊に入るのはやめたほうがいい」

★戦後70年実戦のない軍隊『自衛隊』
人口14億の大国「中国」と戦争を熱望している
バカがいるのが悲劇である!


元隊員が語る「自衛隊に入るのはやめたほうがいい」―
―証拠なしでも「ウソ発見器に出ている」と自白迫る陸自警務隊の人権蹂躙

20:11 08/27 2014三宅勝久

http://www.mynewsjapan.com/reports/2069


JIKEN.jpg


鉄帽(ヘルメット)の紛失事件が起きた陸上自衛隊富士駐屯地(静岡県御殿場市)。警務隊は、陸士長で今年3月に退職したAさんの犯行だとみて、取り調べを行なった。だが客観的な証拠はなく、Aさんは否認。それでも「ポリグラフに反応がある」などと執拗に自白を迫っているという。

 広島市の市街地で大規模な土砂崩れが起き、自衛隊の災害出動がなされているさなかの8月24日、陸上自衛隊の富士駐屯地(静岡県)で、実弾44トン使用、費用3億5000万円の派手な「富士総合火力演習」が行われた。

だがその陰で、同駐屯地では、深刻な人権侵害が進行していた。元1等陸士のAさん(28歳、今年3月に退職)に対して、「部隊への嫌がらせのために同僚隊員のヘルメットを盗んだ」という疑いがかけられたのだ。

Aさんは身に覚えがないと否認。指紋や目撃者といった客観証拠もなかった。それでも「ポリグラフ(ウソ発見器)に反応がある」「白状しないと(窃盗の時効の)7年間取り調べを続けることになる」などと脅しともとれることを言われ、退職から5カ月を経た今に至るまで、休日を拘束され、明に暗に自白を迫られ続けているという。

「僕はやっていない。自衛隊はふざけている」とAさんは訴え、こう続ける。「自衛隊に入りたい人に言いたい。やめたほうがいいです」