大メディアが報じない翁長訪米の本当の成果(日刊ゲンダイ)

大メディアが報じない翁長訪米の本当の成果


2015年6月18日 日刊ゲンダイ  永田町の裏を読む/高野孟
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160861


 翁長雄志沖縄県知事らのハワイ、ワシントン訪問については、まだ県自身が総括的
な報告を発表していない。それもあって、沖縄のメディアは「一定の成果があった」
と言うのに対して本土のメディアは「大した成果はなかった」という感じで報じてい
て、どうも本当のところは見えてこない。が、ワシントンで取材に当たった、日米関
係に詳しい旧知の米国人ジャーナリストや日本人特派員などに聞くと、意外なほど翁
長訪米の評価は高かった。

「初めてということもあるし、日本外務省=在米日本大使館も米国務省などに『まと
もに相手にしないで適当にあしらってくれ』と裏から働きかけをしていたので、目に
見えた目覚ましい効果はなくて当たり前だが、日米関係に関心を持つ議員や専門家の
間では、かなりのインパクトになったと思う」と某米国人記者は言う。何よりも、
「安保反対だから基地をなくせ」という伝統的な左翼の理屈ではなく、翁長が「私は
長く自民党にいて安保体制をよく理解している。その立場からして、日米政府がこの
まま辺野古の基地建設を強行すると、日米同盟に重大な損害が生じる」という訴え方
をしたことが、ワシントンの安保のプロや沖縄事情に詳しいプロたちには「極めて新
鮮に響いた」と言うのだ。

「しかも、翁長は非常にスマートかつ上品に、ワシントンに“恫喝”と言って悪けれ
ば、勘所を押さえた“警告”を発した」と彼は指摘する。

 ひとつは、彼は今のところ、あらゆる法的手段を使って建設を差し止めようとして
いるが、それでも日米が強行した場合、「沖縄の自治の意識は本土の人たちとは違う。
激しい抵抗が起きて、その様子が映像として世界に流れたら、日米同盟はもたない」
と、共同通信のインタビューでも述べている。仮にも流血の事態になれば、何で今ご
ろ、他国の住民の血を流してまで海兵隊の基地を新設するのかということになり、米
国世論はひっくり返る。

 もうひとつは、辺野古がそんなことになったり、あるいは普天間で何かの事故ひと
つでも起これば「県民の矛先は嘉手納空軍基地に向かう。米国が本当に恐れているの
はその点でしょう」と問いかけたことだ。某日本人特派員は「これは図星で、嘉手納
をはじめ沖縄の全基地を失うくらいなら辺野古は無理押ししないという考えにペンタ
ゴンが傾く可能性ある」と見る。

 第1回翁長訪米は思いのほか深いボディーブローとなったのかもしれない。

▽たかの・はじめ 1944年生まれ。「インサイダー」「THE JOURNAL」
などを主宰。「沖縄に海兵隊はいらない!」ほか著書多数。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する