沖縄本島沖で米軍ヘリ墜落 自衛官2人搭乗(リチャード・コシミズblog)

★過去発生したオウム事件のような大規模テロを想定しているのか?
★自衛隊の「特殊部隊」が参加、米陸軍グリーンベレーと共同訓練?


(1人のグリーンベレーは50人の兵士に匹敵)





沖縄本島沖で米軍ヘリ墜落 自衛官2人搭乗

2015/08/13 07:40 リチャード・コシミズblog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201508/article_61.html


沖縄で墜落した米軍ヘリに自衛官が乗っていて負傷した.....という重大ニュースが意図的に消されているように思います。

国民に知らせずに、米軍と自衛隊の共同行動が進められていた。

安保法案を先取りして、自衛隊を戦争に巻き込む目論見が先行されていた。

国民は、こんな事態を知ったら、安保法案にさらに反対します。

だから、ユダ金の命令で各報道機関は、この事故を報道しないことになったのですか?

ふざけるな。人間の屑ども。

沖縄本島沖で米軍ヘリ墜落 自衛官2人搭乗

8月12日 20時58分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150812/k10010187691000.html

12日午後、沖縄本島中部の沖合でアメリカ軍のヘリコプターが墜落し、沖縄県警察本部によりますと、7人がけがをしたということです。防衛省によりますと、このヘリコプターには陸上自衛官も2人乗っていたということで、警察が当時の状況について確認を進めています。

12日午後2時前、沖縄県うるま市の浜比嘉島の東側の沖合で、アメリカ軍のヘリコプターが墜落しました。

ヘリコプターは尾翼やローターが折れるなどしていて、アメリカ軍から沖縄県警察本部に入った連絡によりますと、海上の艦艇への着艦に失敗したということです。

警察によりますと、この墜落で7人がけがをしたということです。

防衛省によりますと、7人のうち2人は陸上自衛隊中央即応集団に所属する、いずれも2等陸曹の40歳と33歳の隊員だということで、沖縄のアメリカ陸軍の研修の一環で、このヘリコプターに乗っていたということです。
1人は骨折の疑いがあり、もう1人は軽いけがをしていて、沖縄県北谷町にあるアメリカ海軍の病院に運ばれたということです。

警察は当時の詳しい状況について確認を進めています。

現場は、うるま市の浜比嘉島から東に10キロ程の沖合とみられ、沖縄気象台によりますと、うるま市の観測地点では12日午後2時ごろにはおおむね晴れていて、風速8メートルほどの南寄りの風が吹いていたということです。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する