FC2ブログ

(危険)抗がん剤の正体=毒ガス兵器のマスタードガスだった!

(危険)抗がん剤の正体=毒ガス兵器のマスタードガスだった!




【癌治療の危険性】抗がん剤=マスタードガス!生物兵器並に恐ろしい抗がん剤!?誰も教えない癌治療の真実とは

2013.05.31 19:27  真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-309.html


抗がん剤は実は増癌剤だった!?
当ブログでは癌治療の危険性や問題点について何度か取り上げましたが、その中でも一番危険なのは「抗癌剤」であると言えるでしょう。実際、私の知り合いにも抗癌剤を打ってから急激に衰弱をした方がいます。


☆抗がん剤は、実は増癌剤だった
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=267879
引用:
抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。

リンク より

今や日本人の死因の第1位となっている癌の治療について、こちらの医師のページに記載されているアメリカ議会ガン問題調査委員会「OTA」(Office of Technology Assessment)レポートによると、現在の癌の抗癌剤による通常療法は、

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」
「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」
「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」
「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・・と現代の治療”常識”を覆す治験結果が記されており、さらには「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論している。

この結果をOTAが重視して、88年にガン問題調査委員会が組織されて、通常療法と非常療法(代替(だいたい)療法)の比較が行われました。ここで述べ られている非通常療法とは食事・栄養・免疫・自然食・精神療法により身体の抵抗力を高めて、自然に治そうという考え主体の治療法です。

その結果・・・非通常療法の方が副作用無く治癒率が高いという結論になったのです。アメリカ国立ガン研究所(NCI)は現行の治療には数十余年で見るべき進歩がない。政府はNCIへの研究補助費に疑問を投げて、国民のためのガン治療をしているとは言い難いとまでNCIの責任を追及しているのです。
 追い打ちをかけるように会計検査院(General Accounting Office)の87年の調査報告書では、NCIへの予算がガン患者の生存率に寄与していないという報告まであげているのです。
(OTAレポートの後に、抗ガン剤が「増ガン剤」になるという問題は1988年(平成元年)の日本癌学会大会でも大きな問題となり、本家NCIでも同年に通常療法による癌治療が新たなガンを生むことを3000頁もの報告書「ガンの病因学」で認めているのです。
 
1988年のNCIリポート『ガンの病因学』で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。

なんと抗癌剤は実は増癌剤だというのか!

抗癌剤の副作用情報を確認してみると。
ちゃんと二次発癌と書いてある。
抗癌剤が増癌剤であることは薬の添付文書、説明書であるインタビューフォーム、薬の辞典なども書いてある常識だったのだ。

一番上の抗癌剤はナイトロジェンマスタードと書いてある。
もしかして、ベトナム戦争で枯葉剤としてまかれ、多くの癌や奇形を出したマスタードガスに関係するのかと思い調べてみると、上の表の1行目のナイトロジェンマスタードや2行目のシクロホスファミドについて塩野義製薬の以下の説明を見つけた。

(中略)

なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。

シクロホスファミドとマスタードガスの化学式の配列を見比べたら、シクロホスファミドはマスタードガスに殺虫剤や農薬や神経ガスに使うPのリンを付け足 したものであり、シクロホスファミドの致死量は1500mg。これはマスタードガスと同じであり、シクロホスファミドはマスタードガスと同等の毒物で あることがわかる。

シクロホスファミドは日本で一番使用量の多い抗癌剤だそうだが、万有製薬の提供する以下の情報では、抗癌剤の近くで作業するだけでも、不妊、流産、先天性障害、白血病、癌等を引き起こす可能性があるという。
:引用終了


抗癌剤の危険性は1996年から指摘されていました。実に16年前から指摘されていたようで、この事実を無視していたWHOや医師会は問題視されるべきだと思います。
そして、マスコミもこの事実をもっと大きく報道するべきです。


 
病院に入院してから「ブドウ糖入りの栄養点滴」の投与後、たった数日で様態が急変して亡くなられた末期癌患者さんの症例について 【「YAHOO! 知恵袋」より 】

2014年04月28日 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/38405024.html




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

OTAレポート

1990年のUnconventional Cancer Treatments/OTA-H-405では、主流医学で約半分の患者の長期生存率を改善できること、代替医療の科学的データが全くないことが報告された。 主流医学批判や代替医療肯定は、今は亡き今村光一氏が健康食品販売のために流布した故意のデマ。 米国は代替医療の研究に取り組んだものの、がんに対する治療効果のある代替医療はひとつも見つから...