FC2ブログ

精神科で患者拘束1万人 13年度調査、10年で2倍に(沖縄タイムス)

琉球自立独立情報・無料メールマガジン(好評受付中)
http://www.ntt-i.net/kariyushi/mailmagazine.html

★重い症状になってからでは「全てを失う」

★精神薬は依存性や副作用が問題!個人レベルで
根本的な問題解決策を探すか危険を予知して
現状から避難も考えるべき。


精神科で患者拘束1万人 13年度調査、10年で2倍に

2016年5月9日 08:37 沖縄タイムス
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=167252


 精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束を受けた患者が2013年度、全国で1万229人に上り、10年前の2倍に増えたことが9日、厚生労働省の調査で分かった。内側から開けることができない「保護室」に隔離された患者も約3割増の9883人だった。

 精神科病院での身体拘束などは精神保健福祉法上、本人や他人を傷つける恐れがあるなどと精神保健指定医が判断した場合に限定的に認められている。

 厚労省は調査結果について「明確な因果関係までは特定できない」とした上で「アルツハイマー型認知症患者の割合が増えている背景はある」と説明している。(共同通信)

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する