東シナ海、日本海近辺に眠る未開発の石油・天然ガスを、アメリカが略奪する予定。

東シナ海、日本海近辺に眠る未開発の石油・天然ガスを、アメリカが略奪する予定。

★安倍政権、ネトウヨがいつも「中国がー」って言う理由!



ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
― Bipartisan report concerning Japan ―

 この米国政府の戦略文書は、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障
会議NSCの議長で、同時に東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当
の国防次官補を務めたジョセフ・ナイが、米国上院下院の200名以上の国会議員を集め
作成した、対日本への戦略会議の報告書である。

 ナイは後に、米国の政治家養成スクール、高級官僚養成スクールであるハーバード大
学ケネディ行政大学院の院長となり、そこから輩出された無数の政治家・行政マンの司令
塔となってきた人物である。


 その内容は以下の通り。

1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最
大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネ
ルギー資源を入手しなければならない。

2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち
中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。
中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであ
ろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との
戦争が中心となるように誘導する。

4、日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO
(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域での資
源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が出来る。

6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況
を形成しておく事が必要である。

 以上のように、米国は日本海の「パレスチナ化」計画を策定しており、米国は日本を使い
捨てにする計画である。

そして、この計画の下に自衛隊の海外活動の「自由化」=集団的自衛権の行使が安倍政権
によって推進されようとしている。

このエネルギー利権のために日本の自衛隊と中国軍に「殺し合いを行わせる」、これが米国
政権中枢の戦略文書に明確に書かれている。
-----------------------------------------
以上です。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する