FC2ブログ

週刊文春 琉球独立の旗まではためいた「オール沖縄」県民大会に集いし人々



週刊文春 琉球独立の旗まではためいた「オール沖縄」県民大会に集いし人々

週刊文春 2016年6月30日号
http://www.ntt-i.net/kariyushi/kenmintaikai20160619.html

CATCH UP 
琉球独立の旗まではためいた「オール沖縄」県民大会に集いし人々
2016年6月19日(日) 那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場

 会場をぎっしりと埋め尽くす人々が手にするプラカードには「海兵隊は撤退を」、
裏返すと「怒りは限界を超えた」と大書されている。かれらは号令に従ってそれを高
く掲げ、シュプレヒコールを上げるのだった。

 六月十九日、沖縄県那覇市の奥武山(おうのやま)公園陸上競技場。主催者発表では
六万五千人、一部報道では三万人弱の“県民”が集まっていた。五月に起きた、元海
兵隊員の男によるうるま市の強姦殺人事件。その被害者である女性会社員を追悼し、
米海兵隊を糾弾する集会が開かれたのだ。

 主催者は「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」。「オール沖縄」といえば、
翁長雄志沖縄県知事(65)を中心とした政治勢力だ。「イデオロギーよりアイデンティ
ティ」という翁長氏のスローガンのもと結成された、保革一体のゆるやかな枠組みと
目されている。

 しかしこの日の会場で見かけたのは、革新色の強いメッセージばかり。名桜大学四
年生で「SEALDs RYUKYU」メンバーの玉城愛氏(21)も女性被害者に哀悼の意を示しつ
つ、安倍晋三首相と本土の日本国民を名指しし「今回の事件の『第二の加害者』はあ
なたたちだ」と涙ながらに訴えた。

 「『自治労連』や『全国革新懇』などの幟(のぼり)が立つのはいつものこと。琉球
独立を掲げる『かりゆしクラブ』もデカい旗を振っとった。中核派の機関紙『前進』
と革マル派の『解放』が同じ会場で配られとるのは初めて見たな」(宮嶋茂樹カメラ
マン)

 「在沖米海兵隊の撤退」などの決議を採択して、会は終了。しかし自民や公明、維
新は参加しておらず、早くも「超党派での開催ではない」という批判や疑問の声が相
次いでいる。

 悲劇の追悼の場ではあるが、一方で沖縄の深刻な政治的対立を浮き彫りにした今回
の大会。参院選に向けて、島はますます熱くなる
**************************************
週刊文春2016年6月30日号 定価400円
コンビニ、書店などで必ずお買い求め下さい。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する