ヤマトへの幻想から離脱した、本物の沖縄人は独立を考えるべき。

ヤマトへの幻想から離脱した、本物の沖縄人は独立を考えるべき。



★沖縄の社会構造=戦後70年以上『生きていくために仕方がない』
とあきらめた人々が支配者の「犬」に変身、戦後沖縄の運営に関与。
一般大衆にバレナイよう偽装、マッチポンプ社会を構築した。

沖縄には、自分たちの現状を変えたくないという、真の意味での保守的な
社会集団の存在「基地には反対だが、基地の見返りである振興基金に依存
する公主導・官主導の経済はこのまま続けたい」という集団です。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する