独立は現実的選択肢 沖縄と日本、「平和」に違い 親川志奈子(琉球新報2016年8月12日)


独立は現実的選択肢 沖縄と日本、「平和」に違い 親川志奈子(琉球新報2016年8月12日)


独立は現実的選択肢 沖縄と日本、「平和」に違い 親川志奈子

平和考 琉球新報2016年8月12日
http://www.ntt-i.net/kariyushi/20160812shinpou.html


 辺野古での新基地建設に女性暴行殺害事件…。沖縄では戦後71年の今も、米軍絡み
の犯罪や事故、騒音、環境破壊が絶えない。基地被害が続発する中で考える平和とは
何か。発足後3年を迎えた「琉球民族独立総合研究学会」の若き論客で、社会言語学
者の親川志奈子さん(35)に聞いた。

 __沖縄独立論には過激なイメージがあります。
 「そう感じる人もいる。でも2年前に住民投票を行ったスコットランド、年内にも
投票があるグアムなど海外の独立運動は珍しくない。独自の歴史や文化が政治に抑圧
されている植民地状態を脱し、民族の自己決定権を取り戻そうとしている」

 __沖縄は植民地か。
 「19世紀の琉球処分以来、伝統の『島言葉』を話すことも、琉球の歴史を学ぶこ
ともままならない沖縄は、自分たちの土地も基地にされ自由に使えない植民地状態に
ある。国際法に基づく独立のシナリオは十分に現実的だ。暴論や空論に見せているの
は、沖縄の国際問題化を嫌う『宗主国』の意向も反映している」

 __近年の反基地世論の高まりをどうみますか。
 「発火点は1995年の少女暴行事件。戦後50年、本土復帰後20年余が過ぎた
のに、この種の事件がまた起きたことが衝撃だったし、日米両政府の対応もひどかっ
た。沖縄の基地は本当に必要なのか。不当に押し付けられているのでは。多くのウチ
ナーンチュ(沖縄の人)がそう考え始めた」

 __保革相乗りの「オール沖縄」「島ぐるみ」が実現しました。
 「沖縄のイデオロギー対立は、日本政府が『基地か経済か』と偽りの二者択一を突
き付けてきたことが大きい。そうした差別と抑圧の構造が20年かけて認知されたこ
とで、『イデオロギーよりアイデンティティー』を掲げる翁長雄志県知事が登場した。
沖縄は新たな一歩を踏み出した」

 __一方で反基地運動の現状は厳しい。
 「沖縄の民意を選挙でいくら示しても、政府は聞く耳を持たない。沖縄出身の芸能
人や『癒やしの島』の人気ぶりを利用して沖縄との融和を装いつつ、耐用200年と
いう新基地を辺野古につくろうとしている。『日本の沖縄』という政治的地位では未
来は見えないという危機感から、独立論に関心が寄せられている」

 __運動に限界がある?
 「端的に言えば、運動自体が差別と抑圧をはらんでいる。それを可視化したのが、
鳩山由紀夫元首相の『迷言』から広がった普天間飛行場の県外移設の訴えだった」

 __具体的には?
 「日本の左派運動が掲げる『基地はどこにもいらない』は正論です。でも基地の大
多数は、日米安保の支持者の大多数が住む日本ではなく沖縄にある。それを棚に上げ
て、ウチナーンチュが県外移設を言うと『安保を容認するのか』『自分さえよければ
いいのか』と責めるのはフェアでない」

 __沖縄の受忍を前提とした運動になっている。
 「沖縄に基地を押し付けている日本の利益に反しない形でしか、沖縄は主張できな
い。それでいて日本の運動家たちは『沖縄から日本を変えろ』『もっと頑張れ』と盛
んに言う。差別の自覚がないのがやるせないです」

 __沖縄の平和と日本の平和はどう違う?
 「悲惨な沖縄戦の記憶につながる米軍が今も目の前にいて、被害が続く中で平和の
意味を問う。それが沖縄のリアルです。未来の戦争を想定し、憲法改正の是非を争っ
ている日本とは次元が違う」

 __議論をかみ合わせるにはどうすればいい?
 「日本と沖縄が同じ平和を語るには、お互いに脱植民地化を進めて対等な関係を結
び直す必要がある。そのための選択肢の一つが独立です」

 __かえって関係が悪化しそうな気もします。
 「日本だけを見ていては理解しにくいでしょうが、旧植民地と旧宗主国の関係は、
世界的にも非常に重視されています。日本は沖縄に対する過去の不正義を直視し、負
の歴史の清算に努める必要はある。その上で、互恵的な関係も対話を通じて再構築で
きるはずです」

 __学会の目標は。
 「『この島を二度と戦場にしない』がウチナーンチュの総意です。非武装中立の平
和国家に向けた独立の在り方を具体的に研究、啓発するのが役目だと思っています」

 __独立を達成したら基地はどうしますか。
 「米軍基地も自衛隊基地も撤去します。そのとき日本はどうするでしょう。平和憲
法をなし崩しにして米軍に寄り掛かり、沖縄を犠牲にして目を背けてきた日本にとっ
て、沖縄の独立こそ平和を考える絶好の機会になるでしょう」

(聞き手は共同通信記者・山下憲一)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する