FC2ブログ

第2回琉球独立学会が開催(宮古島)


人気ブログランキングへ

★プロミスキーパーズ施設で殺人事件
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-55.html


★情熱の島、宮古島で沖縄独立運動開催!


第2回琉球独立学会が開催(宮古島)

琉球の主権強調、独立テーマにシンポジウム

DOKURITU MIYAKO

琉球民族独立総合研究学会大会では 「宮古から見る琉球独立」

をテーマに基調報告、 シンポジウムが行われた=ぱいながまホール


2014/02/22 宮古新報

http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=9817&continue=on


 琉球民族独立総合研究学会の第2回学会大会&オープン・シンポジウムが22日、 ぱいながま大ホールで行われた。

「宮古から見る琉球独立―これまで、 いま、 そして、 これから―」 のテーマで開催された大会の第1部で基調報告した松島泰勝さん (龍谷大学教授) は、 日本政府主導の開発、 経済的侵略など歴史を説明しながら 「琉球の現在、 未来を決めることができる権利 (人民の自己決定権) を持っているのは琉球の人たちである」 と強調した。

続き

 琉球独立による平和の実現では 「問題の源を無くす具体的な方法として独立を本気で考えなければ、 この先も 『屈辱の日』 が続く。 琉球が主権を持たない限り、 日米両政府は琉球の地を自分勝手に使い、 琉球の意思が無視される」 との考えを示した。
 
下地和宏さん (宮古郷土史研究会長) は 「宮古と琉球・沖縄」 で基調報告した。 1000年前に琉球の文化圏に包含された宮古から琉球の中山に朝貢、 宮古・八重山の琉球の 「版図」 (異国を領土) や清国の割譲、 農民の団結と人頭税廃止などを解説しながら歴史に翻弄されながらも、 それに立ち向かった宮古人の気質も浮き彫りにした。
 第2部では松島さん、 下地さん、 下地暁さん (アイランダーアーティスト)、 しもじけいこさん (ライター) によるパネルディスカッションが行われた。
 
同総合研究学会は2013年5月15日に発足した。 脱軍事基地化、 脱植民地化の活動をしながら独立を主張する約200人の会員が独立の研究と実践をつなぎ、 琉球と世界を結ぶ活動を行っている。 基調報告では1994年に米国から独立した人口2万人のパラオを紹介し、 「独自の経済・環境政策を展開し、 軍隊も持たない国づくりは同じ島として学べる」 と強調した。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する