陸自配備中止の請願提出 石垣島候補地の住民ら「環境悪化の恐れ」 - 琉球新報

陸自配備中止の請願提出 石垣島候補地の住民ら「環境悪化の恐れ」 - 琉球新報



【石垣】沖縄県石垣市への陸上自衛隊配備問題で、防衛省が選定した市平得大俣の候補地
に最も近い開南区と川原区の一部の住民でつくる有志の会が29日、共同で市議会に自衛
隊配備計画の中止を求める請願を提出した。開南区の南東に位置する川原区から有志の会
として反対を示すのは初めて。関係者によると、川原区でも反対意見は多く候補地周辺で反
対の動きが広がっている。

 開南公民館の砂川英秀館長は「自衛隊車両の往来やヘリコプター、オスプレイの発着など
10~20年後に環境がひどくなる恐れは十分にある。この変化は候補地周辺だけの話では
ない。市全体で考えることだ。市議会はしっかりと議論してほしい」と訴えた。

 開南区は3月に候補地に近接する於茂登区、嵩田区と一緒に陳情を提出したが、協議し
た市議会総務財政委員会は多数の与党が継続審議に反対し、不採択とした。その後、嵩田
区が隣の名蔵区有志の会と共同で新たに請願を提出したが、同様に不採択となった。

 開南区などが今回提出した請願では「起伏に富んだ自然豊かな地形を生かし、長年の努
力で現在の地区を築いてきた。自衛隊施設の設置は大規模な自然破壊となる」と指摘している。

 請願は30日に開会する市議会9月定例会の最終日9月16日に総務財政委に付託され継
続審議扱いとなる見通し。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する