大和人と琉球人の違いと琉球独立(2016年10月4日 屋良朝助)


大和人と琉球人の違いと琉球独立
(2016年10月4日 屋良朝助)
http://www.ntt-i.net/kariyushi/yamatoryukyu.html


多くの大和人(ヤマトンチュ)には日本という祖国がある。勿論国籍も日本である。頑
張って国のために尽くすことも出来るし、税金は別として搾取される事はない。

琉球人(ウチナーンチュ)は琉球という祖国を奪われた。しかし国籍は日本である。日
本は祖国、母国ではない。その証拠に多くの日本人は天皇を尊敬しているが、琉球人
はそうではない。

最近、大和人が沖縄に対して知ったかぶりでアレコレ言って来る。曰く、「時間を守
らない、労働意欲がない、」琉球人にもいろいろあるだろうが、それは半分正しい。

労働意欲がないとか、それが正しいとすれば何故だろう?
1609年薩摩に侵略され極端にいえば琉球全体が薩摩の奴隷になった。
頑張って働いてもどうせ最終的には儲けは薩摩に持って行かれるのである。
だから意欲がない、夢がない、1879年の琉球王国抹殺で決定的となる。

要するに琉球という祖国がなくなり、琉球国人として魂がなくなった。琉球人にとっ
て日本という嘘の祖国が、「琉球人の祖国は日本だ」という洗脳教育を始めたのであ
る。洗脳が成功すると次は大日本帝国台湾人と同様に兵隊として利用した。沖縄戦で
民間人を自決させた。

殆どの「沖縄人に対する評論」は、琉球人が国を奪われ、琉球国人として魂がなくな
り、琉球民族としての独立心が無くなり、長い歴史の時間でこれが個人の精神にも及
んでいる、という事が抜けているので全く意味がない。

さて、琉球人が日本人として、いつまで頑張れというのか?日本の権力者及び日本人
全体は戦争に向かっている。中国の領海侵犯があり自衛隊機とドンパチが少しでも始
まれば“勝つしかない”ので自衛隊の軍事強化に誰も反論できない。安倍はやるだろ
う、稲田朋美も兵器産業の株が上がり儲かるのでやるだろう。

戦争というのは“軽く”始まり段々深刻になるのである。負けると地獄である、誰も
地獄は望まないので勝とうとして泥沼にハマるのである。バクチと同じだ、元を取ろ
うとしてドンドン拡大し最後は破産する。

話がずれてきた、元に戻す。琉球人の若者が夢をもち上昇志向になるにはどうしたら
良いか?
もうお察しのことだと思うが、祖国「琉球」を復国し「琉球共和国」を打ち立てるこ
とだ、日本帝国主義の洗脳によって琉球人の政治家から一般人まで染み付いたギブミー
根性をタタキ直し独立心を無理にでも育てることだ。

最近、日本政府へ納める所得税や法人税、消費税などが約3000億円である事が分
かった。日本政府からの沖縄への地方交付税がほぼ3000億円台であるので、プラ
スマイナスほぼゼロ、つまり台湾と同じで経済的には琉球はもう独立しているという
事。

又、幸いにも時代が琉球に有利に動いている。琉球が独立すると独自の経済政策を行
う事ができるし、タックスヘイブンで外国企業を誘致し仕事を増やすこともできる。
オリンピックにも琉球国から多数かつ直接参加する事ができる。琉球でオリンピック
を開催する事も不可能ではない。

ところで宇宙飛行士は若者の夢だが、琉球人がアメリカやロシアの宇宙飛行士になる
事は不可能に近い、何故なら、日本人でも宇宙飛行士は難しいのに日本で馬鹿にされ
ている琉球人ごときが宇宙飛行士になるのはけしからん!と日本人から見たらその程
度なのである。しかし歴史的に中国と琉球の信頼関係なら中国の宇宙船に琉球人が乗
ることは可能である。まず、宇宙飛行士の訓練センターに琉球の若者を留学させる事
から始めよう。その他いろいろな可能性があり若者の夢が広がる。

若者の夢を奪う“戦争”も琉球が独立すれば「戦争するかしないかは国が決める」事
なので「琉球人の国」が戦争しないという決定をする事が出来る。

もう一つ大和人と琉球人の違い、大和人はガキ大将中国を侵略し、虐殺した。という
事は何時仕返しされるか分からないという心理状態、だからピリピリして自衛隊を強
化しようとするのである。

一方、琉球人は歴史的に中国とは礼を尽くして友好的である。翁長氏が習金平主席と
会った。私には習金平主席と何処か他県の知事が会ったという記憶がない。だから琉
球人は中国から信頼されている。中国から侵略されるという意識がない。琉球と中国
の歴史を知らない大和人が不思議がる。 以上


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する