沖縄戦を生き延びた老人女性を「エセ右翼暴力団」が襲撃!

沖縄戦を生き延びた老人女性を「エセ右翼暴力団」が襲撃!

高江で座り込みを続ける87歳の「文子おばあ」こと島袋文子さんら市民から「暴行を受けた」と被害届を出した「日本のこころ」和田政宗議員とその同行者たち!!



戦争体験生き延びたおばあが言いがかりみたいに警察に呼ばれてる時に空襲警報の大音量の右翼街宣、悪質すぎる。道路向こうからはチャンネル桜も中継。おばあ相手に何なの。 — きな



沖縄戦を生き延び反戦運動をしているおばあさんに、空襲警報のサイレンを鳴らして嫌がらせをするという発想のグロテスクさに戦慄した。戦死した軍人のことは英霊だなんだと崇めるポーズ取るくせしやがって、生き延びた人も同じように敬うのがスジじゃねえのかよ。何が土人だサイコ野郎ども。— ワッシュ



島袋文子さんは那覇に近隣する都市部の糸満在住だった。空襲警報装置設置エリアだ。ヤンバルではない。— 岩上安身



基地反対派の女性が暴行?日本のこころ関係者が被害届けを提出へ!和田政宗議員らの訪問時にトラブル




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する