スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり私は琉球人 久田 友一(78歳)琉球新報2016年11月5日 僕の主張私の意見

やはり私は琉球人 久田 友一(78歳)琉球新報2016年11月5日 僕の主張私の意見

http://www.ntt-i.net/kariyushi/sinpo20161105koe.html

やはり私は琉球人 久田 友一(78歳)
琉球新報2016年11月5日 僕の主張私の意見 オピニオン 声

 今年で78歳。すっかり忘れていた琉球人(ウチナーンチュ)根性。それでも私は琉球
独立派の一人である。それほど感じず、気にもしなかった差別意識。脳裏に噴出した
のは10月18日の東村高江で、身を切る思いで私たち琉球民族のために頑張っておられ
る方たちに向かって「土人」「シナ人」と叫んだ警察、機動隊員の蔑視発言だ。差別
以外の何ものでもない。ヤマトの本音が出たと受け止めるべきである。

 かって、東京でダンス教習所を見つけ踊ったことがあった。専属の女教師と付きっ
きりで1時間踊った。音楽が変わる度にリードして楽しい時間が過ごせた。「すごい、
あなたはどちらの出身ですか」と聞かれ、「沖縄から来ました」と答えた。すると、
「それってどこですか。教習所もあるんですか。明日もきますか」には驚いた。それ
以後、ウチナー、ヤマト──のわだかまりは胸の内だった。

 ところが、どうだろう。防衛相の「辺野古唯一」は変わらない。松井一郎大阪府知
事の差別発言警察官への「ご苦労さん」はないだろう。高江の100年の美(ちゅら)山
に「マギカンパチ(大きなハゲ)」アビヨーイ、チャースガ(ああ、どうする)。

 もはや琉球は独立するしかない。10年かかろうが、琉球民族(県民)が、カンセーナ
ラン(これはいかん)と立ち上がるのを待つ一人だ。

(うるま市)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。