トランプ大統領の秘策!日米同時デフォルトで訪れる「沖縄独立」

トランプ大統領の秘策!日米同時デフォルトで訪れる「沖縄独立」

★トランプは米国再建のためデフォルト(債務不履行)で国家をリセットする!

★沖縄の金獣、米軍基地利権者は「金の切れ目は縁の切れ目」彼らは
日本破綻にとても耐えられない、日本からの分離独立を叫ぶと思う。


トランプ「避けられない財政ハルマゲドンが迫っている」と断言



ドナルド・トランプは、アメリカ経済崩壊の潜在的な可能性が高まっていることを警告しています。

「みなさんは、すぐに一塊のパンに25ドルも支払わなければならなくなるのです。我々は、結
局は、もう一つのエジプトになるのです」。

トランプがインタビューに応じたとき、エジプトでは猛烈なインフレの嵐が吹き荒れていました。
これがムバラク政権打倒に結びついていったのです。

彼は、アメリカの経済崩壊を防ぐために、2012年の大統領選に立候補することを真剣に考え
ていました。

彼の主張は、「米国政府は、すでに壊れている。アメリカ人の仕事のすべてが外国に流れて
いる。他の国々がアメリカを利用して経済発展を遂げようとしている。だから、アメリカは信頼
を失って米ドルの崩壊を招くのも時間の問題だ」というものです。

今、彼が言っていることは、誰も否定しないでしょう。

失業率が20%台であるということも、ドルの崩壊が間近に迫っているということも、一介の成
功したビジネスマンとして言ったのではなく、大統領選で共和党の最有力候補が言ったという
ことは、まったく別の意味を持ってくるのです。


【米大統領選】トランプは米国債をデフォルトしかねない
破産法申請で4度、借金から救われてきた男がアメリカの債務を託されたら?— ニューズウィーク日本版



 大方の予想を覆し、ドナルド・トランプは共和党の大統領候補に決まりそうな雲行きだ。ライ
バルのテッド・クルーズやマルコ・ルビオが今後健闘したとしても、トランプに追いつくには遅
過ぎるかもしれない。

 アナリストたちは長い間、トランプの政治的立ち位置や思想を知ろうともしなかった――そん
なものがありそうにはとても見えなかったからだ。トランプは重要な論点について態度をコロコ
ロと変えてきた。一貫しているのはただ1つ。会社を4度も倒産をさせたことをよしとする態度だ。

 もしそれが、政治的リーダーシップについてのトランプの考え方の一端を示すものであれば問題だ。

 トランプは2015年8月以降、自らの不動産王国が経験した4度の倒産について、事業のコスト
に過ぎないとか、既存の破産法の抜け穴を使ってうまくやった、などと言って批判をかわしてきた。


破産自慢の男が米政府の債務を見たら?

 実際、連邦破産法第11条によってトランプの複数の事業は債務をカットされ生き延びることが
できた。だがその陰では、トランプ王国から代金の支払いを受けられなくなった多くの中小の取
引先が潰れていったことには思いが至らないのだろうか。

 トランプがこれまでの自分の「破産手腕」を誇りに思っているしたら、大統領として債務超過の
アメリカと向き合ったとき、いったいどんな手を使ってくるだろう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する