飲酒運転での殺人事件は即「死刑」にしろ!

飲酒運転での殺人事件は即「死刑」にしろ!

★懲役8年は軽すぎ、死刑でよい!

飲酒事故 危険運転致死の女に懲役8年の判決



去年11月、那覇市で酒に酔って車を運転し歩道の男性をはねて死亡させたとして危険運転
致死の罪に問われた女の裁判員裁判で、那覇地裁は10日、懲役8年の実刑判決を言い渡し
ました。

 この裁判員裁判は去年11月那覇市安里の市道で42歳の女が酒に酔った状態で車を運転
し歩道にいた男性をはねて死亡させたとして危険運転致死の罪に問われたものです。
 これまでの裁判で検察側が懲役10年を求刑したのに対し、弁護側は情状酌量を求めて
懲役7年を主張し、量刑が争点になっていました。

 10日那覇地裁で開かれた判決公判で潮海二郎裁判長は「被告人は酩酊状態で車を運転
しその態様は危険極まりない。交際相手と口論の末、家を飛び出し運転したが、理由として
正当化されるものでなく厳しい非難に値する」と指摘しました。

 その一方で「反省の態度が伺え、更生を支える環境が整っている」などとして懲役8年の実
刑判決を言い渡しました。

 弁護側は「判決を重く受け止める」としていて被告と相談し今後の対応を決める方針です。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する