マイナンバーと“全国民へのマイクロチップ埋め込み”の恐怖ー日刊ゲンダイ

マイナンバーと“全国民へのマイクロチップ埋め込み”の恐怖ー日刊ゲンダイ

ティテル氏の予言。アメリカが世界統一政府や単一の宗教、通貨で世界をコントロール。
その通貨はデジタルで、あなたの皮膚の下に埋め込まれたチップという形式で存在します。
彼らはそのチップを使ってあなたと世界をコントロールします。— 非一般ニュースはアカウント凍結





安倍政権が今年スタートさせたマイナンバー制度と、2010年に成立したアメリカの国民皆保
険制度、通称オバマケア。この、何ら関係のなさそうなふたつの制度には、共通する恐るべき
狙いがあった――。

 船瀬俊介著「死のマイクロチップ」(イースト・プレス 1400円+税)では、アメリカで着々と進
んでいる“全国民へのマイクロチップ埋め込み”の真実を暴露。国民を徹底的な監視下に置き、
命さえも国が操る“家畜社会”が完成しつつある現状を明らかにしていく。

 貧困層対策の善政として好意的に受け入れられたオバマケアだが、国民皆保険はあくまで
もカムフラージュであり、真の目的は国民に対するマイクロチップ埋め込みだという。実際、
3000ページにもわたるオバマケア法案の1014ページ目には、「全国民に、マイクロチップ埋
め込みを義務付ける」という一文も存在しているのだ。

マイクロチップには氏名や生年月日などの基本情報のほか、社会保険やパスポート、銀行口座
の情報などが記録され、税金逃れを防ぐというが、問題はそのサイズ。現在、マイクロチップは
非常に小型化され、パウダーチップと呼ばれる微細なものも増えている。個人情報の捕捉なら、
これで十分だ。ところが、オバマケアが国民に埋め込もうとしているのは10ミリ超もある大型チッ
プ。実はこれ、サウジアラビアで開発され、内部に青酸カリなどを封入して“処刑”に利用された、
キラーチップと呼ばれるマイクロチップと酷似しているのだ。

 この件について、マスコミはほとんど報じていない。それは、世界の3大通信社を所有している
ロックフェラー財団の圧力である可能性が高いと本書。これほど大きなチップを全国民に埋め込
む狙いは何なのか。そして、マイクロチップ埋め込みの序章ともいえる、日本のマイナンバー制
度の裏側についても徹底解説していく。

MIC TIP

https://www.amazon.co.jp/dp/4781613365?tag=nkgendai-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4781613365&adid=158MZWZN1S3AT0TC686Z&

内容紹介

「マイナンバー」は悪夢の始まりだった!

GPSでつねに居場所を捕捉、スイッチひとつで“遠隔殺人"も思うまま。
体内へのマイクロチップ埋め込みで、人類はもはや“家畜"同然となる!
“闇の支配者"がめざす究極の管理社会の全貌を、
反骨のジャーナリスト、船瀬俊介が徹底的にあばいた必読の書。

「知ろう」とすることは、戦いである。
「気づく」ことは、すでに勝利である。

◎人々の右手にチップがどんどん埋められている
◎一生、消えない――それは家畜の「烙印」と同じ
◎米軍兵士はとっくに全員、埋め込みずみ?
◎マイナンバーは監視社会の「囚人番号」
◎月に九七〇億回も盗聴――「プリズム」の衝撃
◎「マレーシア航空機失踪事件」の驚愕の真相
◎地球支配と人類家畜化が“かれら"の究極目的
◎次なるターゲットは日本人――あなた方だ!


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する