幸福実現党の元広報担当部長らに有罪判決 参院選で買収:朝日新聞デジタル

幸福実現党の元広報担当部長らに有罪判決 参院選で買収:朝日新聞デジタル



 7月の参院選東京選挙区で、幸福実現党の公認候補への応援演説をしたタレントに現金を
渡したとして、公職選挙法違反(買収)の罪に問われた同党元広報担当部長菊地健介被告
(44)ら陣営関係者3人に、東京地裁(中島真一郎裁判官)は18日、懲役1年執行猶予3年
(求刑懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

 ほかに判決を受けたのは、党員で元スポーツ紙記者の一木昭克(あきよし)被告(48)と元
芸能事務所幹部の今井一郎被告(61)。中島裁判官は、今井被告に追徴金30万円も命じた。

 判決によると、菊地、一木の両被告は今年6月、党公認で立候補して落選したトクマ
(本名・椙杜〈すぎのもり〉徳馬)氏(50)の応援演説をしたタレント(52)=有罪判決が確定=
への報酬として、仲介した今井被告に40万円を渡した。今井被告は30万円を受け取り、残り
の10万円をタレントに渡した。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する