沖縄県知事ヘリパッド容認 地元住民「心折れそう」 高江、失望と批判 - 琉球新報

沖縄県知事ヘリパッド容認 地元住民「心折れそう」 高江、失望と批判 - 琉球新報



「辺野古への基地移転は反対」という一点で「オール沖縄」が形成された経緯から考えれば、高江のヘリパッドにまで「オール沖縄」のトップとして反対の意思を示すのはさらなる分離を生むと翁長知事は判断したんだろう。— Republic of Uruma



早くも遅くもない。単に「元々高江はオール沖縄の範囲外だった」だけのこと。70年間、ヤマトの安保を負担してやってる沖縄が安保フリライダーの無責任ヤマトに妥協する必要など微塵もない。— Republic of Uruma



辺野古の主役はウチナーンチュ。高江の主役はナイチャー。「オール沖縄」ができる前からこうだった。もう一つの違いは辺野古は海と高江は陸で自然破壊のイメージが違う。だからウチナーンチュ主体の「オール沖縄」として高江は範囲外だった。— Republic of Uruma



あくまでもウチナーンチュ総体として普天間基地県内移設反対の「オール沖縄」であれば、翁長知事の高江ヘリパッドに対する不介入は妥当な判断だ。そもそも高江は「オール沖縄」の範囲外だった。いつの間にか高江を「オール沖縄」に含めようとする者が出た。— Republic of Uruma



ヤマトに媚びない沖縄の利益を第一に考える沖縄保守であれば、ヤマトのウヨクとサヨクが自分のイデオロギーを発散するためだけに高江で場外乱闘をやっている以上、ウチナーンチュ主体の沖縄保守は高江に介入しない。— Republic of Uruma



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する