スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄は独立に向かうのか   豊里友治(68歳) 2017年 1 月9 日 琉球新報


沖縄は独立に向かうのか   豊里友治(68歳) 2017年 1 月9 日 琉球新報


2017年 1 月9 日 琉球新報 【声】僕の主張私の意見
http://www.ntt-i.net/kariyushi/shimpo20170109.html


沖縄は独立に向かうのか   豊里友治(68歳)

今月下旬、翁長知事は就任以来3度目の訪米を計画しているという。トランプ政権が
体制固めをする前に、普天間基地の返還と辺野古新基地断念を求めるとのことだ。

翁長知事の頑張りに敬意を表したい。一県知事が、一国の首相のような重荷を背負わ
されている現状は県民にとって悲憤を禁じ得ない。米軍基地問題は、歴代の知事たち
に荷重な負担を強いており、1985年西銘知事の訪米以来30年以上、延べ17回も対米交
渉が行われてきた。察するに、全ての訪米行動に対し日本政府は裏から妨害工作を行っ
たであろう。いま作家の佐藤優氏が「沖縄が団結し、日本との国家間の外交交渉に準
じた体制を構築することが不可欠」という言葉に共感している。

本紙新年号掲載の県民意識調査は、政府による露骨な沖縄差別が県民の反発を招き、
本土からの分離・独立傾向を鮮明にしたといえる。琉球・沖縄の歴史を知らない政治
家や官僚たちの言動が、県民を独立の方向に向かわせているように思えてならない。
(うるま市)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。