沖縄戦後史の捩れを辿る(下) ---保革と島ぐるみ---ノンフィクションライター 三山 喬  月刊『望星』2017年2月号


沖縄戦後史の捩れを辿る(下) ---保革と島ぐるみ---ノンフィクションライター 三山 喬  月刊『望星』2017年2月号

http://www.ntt-i.net/kariyushi/senngosinonejire2.html

おきなわせんごしのねじれをたどる

沖縄戦後史の捩れを辿る(下) ---保革と島ぐるみ---

ノンフィクションライター 三山 喬  月刊『望星』2017年2月号

沖縄を見る目の浅薄さ
 気がつけば、「革新」という言葉は死語同然になって久しい。
 平成の初めごろまでは、旧社会党や共産党など社会主義、社会民主主義的な政策を
掲げる勢力の総称として広く使われたが、衆議院に小選挙区制が導入され、新進党や
民主党が自民党の対抗勢力に躍り出て以来、新聞やテレビの政治報道から「革新」の
語は急速に消え去った。・・・・続きは上記リンクからどうぞ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する