スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1972年沖縄の日本復帰後に準備された『再び戦場になる計画』

1972年沖縄の日本復帰後に準備された『再び戦場になる計画』

★沖縄では「歴史」「言葉」が全体的に封印されている。
その理由は再び沖縄を戦場にするためである。

★1609年薩摩(島津)藩に侵略された琉球王国(沖縄)
薩摩が琉球を統治した時代の歴史を学校教育で隠蔽。

★学校教育では教育者が沖縄人をエセ日本民族、日本
人モドキとして大量生産したのである。

沖縄返還 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E8%BF%94%E9%82%84

4月1日 島津氏の琉球侵攻(1609年) - 公文書館通信 - 沖縄県公文書館
http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2014/03/post-168.html


琉球政府時代に米軍が反日教育したとか聞かねーわ。それと日本復帰運動の主体は公務員主体で理由は「日本の方が待遇改善期待できるから」。あとヤマトの皇民化教育の影響を受けた世代だからな。せ米軍政下で独立の気概を出せなかったシージャーがうすまさふらーに尽きる。 https://t.co/dqhLxEho68

— Republic of Uruma (@RepUruma)



沖縄と言う偽りの島はやはり死んだほうがいいね。日本が死ねば、沖縄も自動的に死ぬ。トランプは日本に引導を渡すためのKey Personとなる大統領になるかもね。その間に翁長がどれだけ琉球再独立のために必要な既成事実を作れるかにかかってる。 https://t.co/UZmzWu7TXQ

—Republic of Uruma (@RepUruma)



佐藤栄作は、国策として「公印偽造による裏金づくり」を72年沖縄返還時に密かに実施。その目的は県内政治家と各地町村の議員の買収。復帰40年その裏金の魔力は県内全域を汚染。命どぅ宝から銭どぅ宝の沖縄

— 市民オンブズマン わらびの杜 (@kento_sekkei)



沖縄返還時の「沖縄密約」は三つ。①アメリカへの6億5千万ドルの一括払い、②「公印偽造による裏金づくり」による県内政治家の買収、③県教育庁の買収による日本国憲法の無力化。その目的は沖縄への基地の永久固定化

— 市民オンブズマン わらびの杜 (@kento_sekkei)




(ハジチ)琉球王国時代、琉球女性の手に入れ墨が(薩摩の役人に鹿児島など
に連行させないためとされる説も)


HAJICHI.jpg

HAJICHI2.jpg




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。