(日中戦争)戦場に沖縄の宮古島と八重山が選ばれた理由!

(日中戦争)戦場に沖縄の宮古島と八重山が選ばれた理由!

★有事には国民に「犠牲」が強要される。日本の指揮者達は
「殺される人々」の優先順位を決めているようである。

2年前、NHKで報道された“預金封鎖”特集は、中国との戦争に向けた布石であった可能性がある。中国と戦争することで、有事を口実に日本の借金をチャラにするという算段。一瞬にして、国民の資産と国の借金を相殺できる禁じ手。まさに、アベノ日本会議軍の狂信的な思想とも合致する。#日本会議 pic.twitter.com/US86PzAlB3

— やのっち (@_yanocchi0519) 2017年3月3日



マッカーサーは知っていた『沖縄人は日本人ではない!』
※有事には日本人モドキの沖縄人が活用される!


マッカーサー将軍は、「沖縄人は日本人ではない」と言った。



「標的の島 」石垣島先行上映会にてhttps://t.co/atncqJcSkl 本当の危機というのは音もなく忍び込んでくる。辺野古も高江も沖縄の基地問題として認知されるようになった。しかし、その裏側で進んでいるのは攻撃能力を備えた離島への自衛隊ミサイル部隊配備である。

— チョコレート同盟☆彡 (@moistchocolat) 2017年2月21日



CyqxLwnUcAIMBQb.jpg


MIYAKO WAR



スポンサーサイト
コメント

怖すぎる・・・。

今の安倍政権なら戦争を口実に、富の収奪を行ってもおかしくないように思います・・・。

すべて中国のせいに

外交・経済運営の失敗を日中戦争で解決!

すべて中国のせいにして責任を回避したい

安倍と財務、年金官僚達の魂胆です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する