FC2ブログ

(再掲)明治時代にすでに『計画されていた沖縄戦』

WX02SH


人気ブログランキングへ



★反響が多いようなので、再掲載いたします。

(再掲)明治時代にすでに『計画されていた沖縄戦』


安良城 米子(あらぐしく・よねこ)沖縄の平和学

琉球・沖縄の歴史を生(い)ちちいかな

(2014 1,15 琉球通信より引用)
JIEITAI TAINAISI FUJI

RYUKYU TUSIN

「しまんちゅスクール」琉球問題に関心ある方は、是非会員になって下さい。

http://shimanchuschool.blog.fc2.com/



31年前に計画された「沖縄戦」

明治政府は明治期末期、早くもアメリカを仮想敵と見做し、対米作戦

においては日本本土防衛のための、「決戦戦は南西諸島」と、沖縄・

南西諸島を軍事上の位置付けをした。

(『沖縄陸軍方面作戦』)。


そして、具体的な軍事訓練が実施された。1913年(大正二)師走

から1914年(大正三)にかけて、

沖縄本島で九州の第六師団混成部隊が軍事演習を実施していること

が、当時の新聞「琉球新報」に記されている。その概要は、仮想敵が

浦添村東北の宜野湾街道と嘉手納街道から安謝港付近に侵入してき

たので、日本軍部隊が迎撃するという軍事演習のシナリオとなっている。


仮想敵の侵入軍が、北谷から進撃してきて宜野湾村の嘉数付近を占領

し、さらに日本軍部の設置してある首里方面に攻撃態勢を整えている時、

首里から侵入軍を阻止するために、急遽日本軍が反撃し嘉数付近で

激戦が展開されたという想定になっている。


敵が北谷から宜野湾に進撃し、沖縄守備軍が宜野湾市嘉数で戦闘を交

えるという内容である。それに続き、浦添城下の合戦内容を報じ、さらに

本部半島に上陸する侵入軍は、国頭一帯を制圧し、金武、恩納村にも

押し寄せる。


戦場には義勇隊、学徒隊も動員することなども詳細に報道している。


1945年の沖縄の地上戦はそのシナリオどうり遂行された。


沖縄を戦場とするシナリオは現実のものとなった31年前にすでに策定

されていたのである。




自衛隊が想定する『離島奪還訓練』とは?

離島奪還 危機あおる訓練は迷惑だ

2013年10月25日 琉球新報 社説

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-214316-storytopic-11.html



★石垣島は自衛隊の離島奪還訓練で現実の戦場が想定され、わざと中国軍に上陸、占領

させ、最初から住民の避難計画も無く、いわゆる『人間の盾作戦』が宮古島と共に石垣島は

(自衛隊の隊内誌などから見て)計画されているのである。

※自衛隊の隊内誌FUJI 2012,388号「離島の作戦における普通科の戦い方」について


菅官房長官:「市長権限限られ移設支障ない」 名護市長選

日本軍事情報センター

http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_2503.html


最近はどうか知らないが、陸自の幹部候補生学校では、朝鮮戦争の戦史の授業の中で、北朝鮮軍が難民の女や子供や老人に前を歩かせ、米軍の陣地に向かって攻めてきた戦例を教える。

米軍が陣地の前に作った地雷原や鉄条網で歎民が立ち止まると、北朝鮮軍の兵士は後ろから止まるものを撃ち殺したという。

しかし女性や老人を撃てない米軍は、難民の後に続く北朝鮮軍の兵士によって全滅させられた。(そのような戦史がある)

その場合、女や子供や老人であっても、背後の北朝鮮軍に全滅させられないために、部下に撃たなければ全滅させられると幹部候補生学校で教わるのである。




スポンサーサイト



コメント

No title

自衛隊の隊内誌FUJI 2012,388号「離島の作戦における普通科の戦い方」ですが、全文をどこかで読むことは可能ですか?

私も探しています。

>>自衛隊の隊内誌FUJI 2012,388号「離島の作戦における普通科の戦い方」ですが、全文をどこかで読むことは可能ですか?

私も探しているのですが、
何かわかりましたらブログに書き込みます。



コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する