同時多発なら「迎撃不能」琉球独立しかない、11年前に屋良朝助が断言!

同時多発なら「迎撃不能」琉球独立しかない、11年前に屋良朝助が断言!

http://www.ntt-i.net/kariyushi/20170308times2.html

同時多発なら「迎撃不能」琉球独立しかない、
11年前に屋良朝助が断言!

2017年3月8日の沖縄タイムスの記事をご覧ください、同時多発なら迎撃不能、打つ手
なし、基地集中する沖縄が危ないなどとあります。

平和外交が無く、軍事力を強化しただけではどうにもならならいことが分かります。
しかも、日本の各地にある原子力発電所にミサイルが着弾したら放射能が拡散し地獄
です。国防上からも日本の原発は廃止しなければどうしようもない事が分かります。

さて琉球独立党が2006年慰霊の日の6月23日に活動を再開した時に配った下記ビラを
ご覧ください、11年前、既に今日の状況を訴えています。特に赤線の部分。

また、現在独立学会や新聞などで言われていることも、琉球独立党は11年前に既にはっ
きりと理論的かつ分かりやすく述べています、下記、「沖縄人は日本国が加盟してい
る国際連合で保証されている民族自決権に基づき、平和的に独立して琉球国を建国す
べきであり、沖縄人の過半数が沖縄独立賛成になるなら、日本国もこれを認めなけれ
ばならないのです」の部分。

11年前にマスコミなどでもっと取り上げてもらえば良かったのですが現在よりも沖縄
県の財政が劣り琉球独立に対する経済的な恐怖心があったのだと思います。

幸いにも2017年現在は日本政府からの交付金よりも国に納める税金が同じ程度か、上
回っており、日本政府から交付金がなくても国税は琉球国の物になりますので
台湾と同じで経済的には独立しているといえるでしょう。


スポンサーサイト
コメント

No title

琉球の風観ました。平和を愛し仲良く暮らしていた琉球の人々が侵略され殺されていくのを見るのは心が痛みました。今も危険で不公平な状態に置かれているのも心が痛みます。直接戦争の大規模な被害には遭っていませんが戦後台湾でもひどい事態になっていました。
もしこの世に神様がいるのなら、そろそろ私たちに公平さを与えてくれないものだろうか。つくづくそう思います。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する