スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者は「ブドウ糖がガンの餌だ」と知ってる。

医者は「ブドウ糖がガンの餌だ」と知ってる。

ガンは3カ月で治せる病気!ブドウ糖はガンの餌だった(スターライトのブログ)
http://ameblo.jp/moonpin/entry-12254546105.html



ここにガンがあるって見つける検査これをPET検査っていいます。

どういう検査かっていうと、ブドウ糖に光る物質をくっつけて点滴して1時間後にここに光る物質が集まるんです。

そこに転移したガンとか、それから一つのが見つかったら 他にガンはないかとか見つけるためにやります。

つまり医者は「ブドウ糖がガンの餌だ」と知ってる。

なのに抗がん剤、放射線やった後、手術やった後、患者は一時的に食べれなくなりますね
その時ににブドウ糖点滴やる。

「先生それブドウ糖ですね、ガンの餌じゃないですか? 」

って聞くと医者はなんて言います?

「あっ、これは脳の栄養ですよ」て言うんですね 。

そうすると皆さんはどうします? そこで思考ストップ。

「あっ、そうですか、じゃお任せします。」

素人だからお任せするんです。

ガンは簡単に治るのに

どうして3ヶ月、1年、5年て続くんでしょう?

これは治し方を知らない先生んとこ行ってるからだ。

そう思いません?

だってブドウ糖がガンの餌だって知ってながら点滴してるんですよ。

だからガンの患者さんに対して

まずお見舞いに、まんじゅうとかお菓子とか持ってきてはダメ。

白い米、白いパン、白いうどん全部ダメ。

アイスクリーム、プリンもちろんダメ。

ところがガンの餌はブドウ糖なもんですから、ガンの患者は甘いもの欲しがるんだね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。