沖縄に『第2の七三一部隊』!対中国戦争用の生物・細菌兵器開発の拠点になる!

沖縄に『第2の七三一部隊』!対中国戦争用の生物・細菌兵器開発の拠点になる!

★沖縄 宜野湾市の成長産業が悪魔の『生物・細菌兵器』の製造になる?

(神浦氏のコメント)
これは日米が新兵器を共同で開発する構図そのものであることに気がついた。

だからアメリカは、日本が誇る再生医療のトップ技術を米軍の軍事医療に活用
したいのである。これが兵器開発なら日本の武器輸出3原則に違反するが、軍
事医療なら武器輸出3原則の適応は受けない。


沖縄に日米新薬開発拠点…米軍住宅の返還跡

日米両政府が、2015年3月に返還予定の米軍施設「西普天間住宅地区」
(沖縄県宜野湾市、約52ヘクタール)跡地に、新薬の研究開発拠点「沖縄メ
ディカル・イノベーション・センター」(OMIC、仮称)を創設する検討を進めて
いることが27日、分かった。



西普天間に新薬研究拠点 日米政府検討 | 沖縄タイムス+プラス ニュース



418CVA0HB9L__BO1,204,203,200_

アメリカの国家犯罪全書
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E5%85%A8%E6%9B%B8-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%A0/dp/4878935456

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する