スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の安保策 沖縄独立も視野に 竹内豊=64歳

沖縄の安保策 沖縄独立も視野に 竹内豊=64歳

http://www.ntt-i.net/kariyushi/taimes20170404.html

沖縄タイムス 2017年4月4日

沖縄の安保策 沖縄独立も視野に 竹内豊=64歳

 安倍台風はいつになったら去るのだろう。このまま停滞が続けば、沖縄はますます
軍事要塞化し、県民が抵抗すれば共謀罪で逮捕されてしまう。独立には困難が伴うが、
少なくとも沖縄がこれ以上軍事化されることからは免れるし、平和を訴えて逮捕され
ることもない。このメリットは決して小さくはない。

 中国の脅威と言うが、現実の日米軍事同盟は脅威ではないのか?オスプレイは?歴
史を見ても、寄ってたかって沖縄を蹂躙してきたのは、日米である。その反省もなく
中国脅威を言う資格は彼らにはない。

 沖縄はいまだに占領状態なのだ。だから平和を求める市民に警察権力が襲いかか
る。平和運動家を逮捕・長期勾留する。沖縄の安全保障の条件は中国を敵にしないこ
とである。いま日米政府は尖閣をてこに沖縄の軍事要塞化を進めているが、これは沖
縄にとって非常に危険だ。今後沖縄は、独立も視野に、日米となれ合わない独自の安
全保障政策を構築し推進すべきだろう。

(中城村、自営業)



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。