スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄は独立しないといけないと思った。アジアの世紀沖縄に光 琉球フォーラム 進藤栄一氏講演

沖縄は独立しないといけないと思った。アジアの世紀沖縄に光 琉球フォーラム 進藤栄一氏講演

http://www.ntt-i.net/kariyushi/sinpo20170413sindo.html
─────────────────────────────────────
沖縄は独立しないといけないと思った。 改めて沖縄自立論の正当性をかみしめてほ
しい。
─────────────────────────────────────

アジアの世紀沖縄に光 琉球フォーラム 進藤栄一氏講演   =琉球新報=
 2017.4.13

 会員制の講演会組織「琉球フォーラム」(主宰・富田詢一琉球新報社長)の4月例
会が12日、那覇市のANAクラウンプラザホテル 沖縄ハーバービューで催された。政治
学者の進藤栄一筑波大学名誉教授が「トランプ新政権と沖縄・アジアの未来」と題し
て講演した。今後は米国が衰退し、アジアが新たな市場となる「アジア力の世紀」に
なると展望し、その中心に位置する沖縄に「希望の光が見える」と指摘した。

 進藤氏は、自身が発見した、米国による沖縄の長期占領を天皇が米総司令部に要請
した「天皇メッセージ」にも言及し「見つけたとき、沖縄は独立しないといけないと
思った」と振り返った。その上で「いま改めて沖縄自立論の正当性をかみしめてほし
い」と話した。

 沖縄の軍備強化の論拠として喧伝される中国脅威論には、米原子力空母と対比しつ
つ「中国がディーゼル空母1隻造って日本のメディアは大騒ぎしている。本当は中国
の軍事力は貧弱なものだ」と指摘した。尖閣諸島周辺の中国海警局の船による領海侵
入も「ある種のセレモニーで過大評価されている」と述べた。

 現在の米国には、非白人の割合が増えている人種構成や都市の荒廃などを挙げ て
「米帝国は没落の道を着実に進んでいる」と語った。一方で中国やインド、アセアン
諸国の勃興を指摘し「アジアの力の世紀で事実上の東アジア共同体が生 まれている」
と指摘した。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。