スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守も革新も実は基地利権で沖縄世論を乗っ取っている構造!

保守も革新も実は基地利権で沖縄世論を乗っ取っている構造!

★(建て前インチキの沖縄社会)米軍基地は「金のなる木」と理解されている!

★一般市民は低賃金で固定され、米軍犯罪被害の防波堤にされている!

★『弱肉強食』 病む沖縄社会




2008年05月02日

海兵隊のレイプもガマンの沖縄の構造的な低所得体質のワケ

沖縄県が受け取っている政府からの交付金が

年間6000億円

基地関連が3200億円

合計して9200億円もの血税が、沖縄に使われている。


にもかかわらず、日本一貧乏なのは沖縄だ。

貧乏だから基地がいるのか、基地があるから貧乏なのか?

以下、月刊プレイボーイ6月号 佐野眞一『沖縄コンフィデンシャル』より

「沖縄は失業率が全国一高く、県民所得が全国一低いことはよく知られています。とりわけ
深刻なのは、働く意欲のない若者が、この3年間で2万4000人も増えていることです。29歳
以下の完全失業率は13%にも達しています。これが7.4%という全国一高い失業率をつくっ
ている大きな原因です。一方、昨年の沖縄県内勤労者の平均所得は22万7400円と、全国
最低でした。慢性的な低賃金が、沖縄の若者の働く意欲を殺いでいるのです」(沖縄駐在全国紙記者)


07年 日銀那覇支店調査
売上高人件費率  全国 13.51% 沖縄 9.58%
売上高経常利益率 全国  2.72% 沖縄 4.56%


「この数字から言えることは、沖縄の企業が人件費を極端に抑え、企業に残す利益が極端に
高いことです。簡単に言えば、沖縄の企業はぼろ儲けなんです。なぜこういうことが起きるか
というと、民間の労働組合がないことが大きな原因になっていると思います。本土で労働環境
と賃上げ体制をつくってきたのは、鉄道労組とJC(金属労組)です。沖縄には、労働運動を引っ
張ってきたその2つの牽引車がない。沖縄の労組といえば、自治労と沖教組です。完全に官
優位の世界で、県庁の職員は日本一いばって、日本一働かない。そういう沖縄独特の構造
があるんです」(同上)



「ええ、公務員天国を死守しようとしている。超保守なんです。民主党は『沖縄は格差社会の
犠牲者だ』なんて言っていますが、そうではなく、沖縄は元々、格差社会が大好きなんです。
尊敬されたい人は官になるか、民だったら経営者になりたいと思っている。最悪なのは、零
細な民間企業に雇われることです。沖縄は強烈な勝ち組志向の社会なんです」(同上)

だから、落ちこぼれた若者が、毎年、「成人式」で暴れるのも理解できよう。
派遣の現場でも、沖縄出身の人は多いし、裏性風俗産業でも、沖縄出身の子が多い。

3次にわたる沖縄振興計画で投入された税金

8兆5000億円

それでも沖縄は日本一貧乏のママだ。


「2011年に、その『沖縄経済振興21世紀プラン』が切れます。税制でいえば、泡盛の35%
減免、オリオンビールの20%減免措置もなくなる。2011年は本土復帰40年目ですから、
これまでのように振興計画を見直して、延長、再延長でやってきた方式はもう無理です。そ
のときどうするか。一番恐ろしいシナリオは沖縄駐留の海兵隊の全面撤退です。
(中略)
いずれにせよ、沖縄の軍事的プレゼンスは急激に下がっています。今回の少女暴行事件で
来日して陳謝した国務長官のライスだって、心の底では『アメリカの海兵隊はこんなに嫌わ
れているのか』と驚いたはずです。平時の海兵隊を食わせていくには沖縄ほど都合のいい
ところはありません。が、海兵隊がフィリピンやグアムに出て行った後には、沖縄が急激に
沈没する可能性も出てきます」(同上)

農水産業が沖縄県総生産に占める割合は1.7%
90%近くが観光産業などの第3次産業で占められている。
「沖縄の農政はあまりにもサトウキビに重点を置きすぎているんです。キビ農家が畜産農家
に転換するため牛の飼料の牧草に植えかえようとしても、県の農水部と、彼らの天下り先の
JAが邪魔してやらせません。キビの補助金がなくなるからです。農水部もJAも、製糖会社と
べったりなんです。彼らを背後で操っているのは沖縄製糖の社長で、沖縄最大の軍用地主
でもある竹野一郎です」(牧場経営者)

この竹野一郎がキビ農園を米軍に提供し、年間20億もの軍用地料を得ている。


「沖縄の畜産が伸びず、観光客に沖縄のおいしい牛や豚を食べさせられないのはこのため
です。だから農水部やJAの幹部に、観光客にキビかじって帰れと言うんですか、と言ってい
るんです。キビの収入は県内総生産の1%もありません。キビ農家が畜産農家に順調に転
換できれば、現在900億円しかない沖縄の農産物の売り上げが畜産だけで1000億円まで
伸びます。牛や豚に限らず、いま沖縄の観光客に出している食材の殆どは外部からの調達
です。ニガウリだって7割は本土産です。このままでいくと、沖縄は間違いなく夕張みたくなり
ます」(同上)


むかし、海外旅行が珍しかった頃のジョークでこんなのがあった。
「ハワイでお土産買って、日本で開けてみたらMADE IN JAPAN と書いてあった」
いまじゃ、MADE IN CHINA だろうが……

沖縄料理で北海道産の昆布が使用されていたのは知っていたが、
沖縄で出される食材の殆どが、県外産のものだとは知らなかった。

しかも、県庁職員やノーキョー幹部、そして軍用地成金によって農政が歪んでいることは
許しがたい。

この利権構造は、米軍基地建設に関わる土建屋と違って、いままで報道されてこなかった
部分だ。


本土から遠く離れた離島なので、輸送コストが高くかかる。
食料自給率がこれでは、自立など夢の夢なのではと思うが……

これじゃ、永久に沖縄は日本の植民地だわな。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。