宮古島・八重山で勃発する日中戦争も「降伏」なき全滅戦争である!

宮古島・八重山で勃発する日中戦争も「降伏」なき全滅戦争である!

今日6月23日は、天皇延命のため、住民を巻き込みながら戦争を引き延ばしてきた日本軍司令官が「死ぬまで戦いつづけろ」と言い残して勝手に死んだ日。米軍が沖縄戦終了を宣言したのは7月2日。日本軍がコザで全面降伏に調印したのは9月7日。

— n_n (@henoko_tushin) 2017年6月23日



石垣島に進駐してきた日本軍は住民をマラリアの有病地帯に追いやった。八重山での死者は人口の11%に及んだ。さらに米軍が上陸してきた場合は、軍の情報が漏れないように「住民を虐殺しなさいと、銃弾が配られていた」
映画「標的の島」での証言。 pic.twitter.com/ORSuxIZpR7

— チョコレート同盟☆彡 (@moistchocolat) 2017年6月23日




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する