FC2ブログ

薩摩藩政下の奄美諸島で行われた奴隷政策!

薩摩藩政下の奄美諸島で行われた奴隷政策!

★1609年武力で琉球を侵略した薩摩(島津)藩は人身売買制
で琉球人を縛りつけ、高値で取引された砂糖や外国との貿易で
巨額の富を築いた!

★沖縄本島でも「イリチリ」や尾類(遊女)などが存在したはずだが
歴史から消された!


2015/6/15 ヤンチュとウタレ(北海道MY LOVE)

https://blogs.yahoo.co.jp/ennkuubutu_0413/39401534.html?__ysp=6Kq%2F5omA5bqD6YO3IOeQieeQgyDjg6Tjg7Pjg4Hjg6U%3D


現代でもインドやネパールをはじめ世界各国に存在する「債務奴隷」をご存知ですか?

私はたまたま奄美諸島が薩摩藩政の下にあった時代の「ヤンチュ」に関する図書を手にしま
した。ヤンチュとは、債務奴隷のことで「家の奴」と書かれたり、いろんな表現があります。

奄美諸島は琉球王国の支配下にありましたが、薩摩藩が琉球侵攻の途上に苦も無く制圧し
ました。薩摩は奄美諸島の直轄支配に乗り出しますが、形式的には琉球王国の支配下にあ
るように装い、従った現地の豪農などには中国風の一字姓を与えます。

そうした支配層とは逆の債務奴隷も多数生み出され、各島の人口の2~3割に及びました。
当初はコメが年貢でしたが、薩摩はたちまち黒糖を年貢としました。借財が500万両にも達し
た薩摩藩は家老、調所広郷の元で藩政改革を断行しました。その中心は、奄美諸島から砂糖
を搾り取ることで「八公二民」と呼ばれる荷重な税のために、多くの農民がつぶれて債務奴隷
になっていったのです。薩摩藩は、奄美諸島で貢納のために貨幣経済を禁止するという措置
まで取りました。砂糖の密貿易を防ぐためです。

この本を読んで、私はアイヌ社会の「ウタレ」に思いが及びました。ウタレというのも、アイヌ社
会の奴隷の一種で、こちらは債務とか戦いで負けるなどの人々がなりました。

アイヌ社会も奄美大島も、そうした奴隷階級の人々が生み出されたのは支配層の登場、経済
の拡大などです。日本列島の北と南で同様のことが起きていたのだ、と私は深い感慨にふけりました。

周縁から見る、ことのできる立ち位置にいられることを私は幸せだと思います。


広報 北中城458号 みんなの広場、村史
http://www.vill.kitanakagusuku.lg.jp/site/htdocs/kouho/200602/04.html


しかし、一片の「告諭」で人身売買の風習を無くすることは無理であった。 岩村通俊会計
検査院長は、翌一八八三年一月下旬から二月中旬にかけて、沖縄本島の中頭・国頭両
地方を巡回して、各間切で吏員に身売について尋ねている。次の表を見ると、中頭郡に は
「尾類」(遊女)や「雇人」(シカマ・イリチリ)が多数いたことがわかる。表中に「不明」と ある
のは、岩村院長が身売について質問しなかったことを意味している。中城間切の 場合は、
岩村院長と吏員との次のようなやりとりから、身売人が「多数」いたことがわかる 。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する