FC2ブログ

沖縄市長選 桑江朝千夫氏が当確


人気ブログランキングへ

★プロミスキーパーズ施設で殺人事件
http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-55.html


★島袋氏の敗因はいろいろあると思いますが、とにかく前任者が
暴君であった。『エリートのおごり』貧困者に配慮が足りなかった。

沖縄市長選 桑江朝千夫氏が当確

2014年4月27日 琉球新報

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-224421-storytopic-196.html
          

 【沖縄】任期満了に伴う沖縄市長選が27日投開票され、保守系の無所属新人で前自民党県議の桑江朝千夫氏(58)=自民、公明推薦、そうぞう、民主、維新支持=が当選を確実にし、革新・中道系の無所属新人で前副市長の島袋芳敬氏(64)=社民、共産、社大、生活推薦=との一騎打ちを制した。投票率は57・73%。
 今選挙は、泡瀬沖合埋め立て事業の在り方や、米軍嘉手納弾薬庫知花地区への牧港補給地区の一部施設移転などの基地問題、経済振興・雇用、子育て施策などを争点に、両氏が選挙戦を展開した。
 桑江氏は「もの作り振興館」の建設など経済活性化策や、小中学校給食費の軽減など子育て施策、中学3年までの段階的な医療費無料化など医療・福祉施策を掲げ、市政奪還を訴えた。
【琉球新報電子版】


沖縄は極端な格差社会です『寂れた街、沖縄市 一般市民は怒っているのだ』


★沖縄市長選の敗因『前任の東門市長』が調子にのって市政を強引にやりすぎたと思う!

★前任市長が泡瀬干潟埋め立て反対から賛成に変換!歓楽街『吉原』の強引な壊滅作戦を行った!

★米軍基地の町は『公務員』が支配し強大な権力で貧困者を押さえつけている!

TOKYO SMALL HAPPINESS

http://www.hi-hyou.com/pi_ping.COM/Blog(J)/entori/2013/5/14_qiao_xia_da_ban_shi_zhangno_mu_peirixian_dai_you_kuo_yi_wen.html


 その点では、宜野湾市の真栄原社交街(新町)を壊滅させた伊波洋一さん(当時宜野湾市長)のやり方も酷かった。真栄原といえば、日本のなかでも巨大な裏風俗街のひとつで、200〜300人の女性が働いていた。若い女性だけではない。40代、50代の女性も少なくなかった。それだけの規模の遊廓を、伊波さんは警察、教育委員会、PTA、町会などを巻きこんで一気に潰したのである。


 沖縄の場合、神奈川よりも女性の置かれている立場は深刻だ。貧困の度合いも全国一だが、DVの被害も全国一だといわれている。 こうした裏風俗街で働くしか選択肢がない女性はいる。 真栄原社交街という街は、まさに沖縄という社会のひずみが集中している場所だ。そんなことは伊波さんだって十分承知しているはずだ。過去の市長や警察署長も承知しているからこそ黙認してきた。


 だが、伊波さんは、普天間基地の移設問題で注目を集めたこの街に、違法な売春街を残しておくことを認めなかった。彼にとっては、普天間基地の騒音も、真栄原の遊廓も等しく邪悪な存在だったのだろう。米兵も通う売春地帯を黙認することは、米軍を黙認することと等価だったのかもしれない。でも、真栄原社交街を壊滅させれば、真栄原で働く女性たちを苦しめている不幸は取り除けるのだろうか。「普天間基地さえ撤去すれば宜野湾市民は幸福になる」という幻想と同じ類の愚考だ。街を潰すよりも前に、雇用創出や所得再分配やDV防止など、彼女たちのために首長として何をしたのだろうか。が、そういう配慮を欠いたまま、伊波さんは街を潰した。あっという間に真栄原が潰れて、そこにいた女性たちの多くは沖縄市の吉原社交街に流れた。米兵も通う裏風俗街として沖縄ではよく知られた場所だ。しかし、沖縄市の東門美津子市長も、伊波さんに倣って吉原社交街を壊滅させてしまった。


 行き場を失った彼女たちは、今、どうしているのだろうか。那覇市波之上(辻)にあるソープ街に移った女性もいると聴いたが、波之上は暴力団・旭琉会の完全な縄張りだ。暴力団の締め付け、搾取は真栄原や吉原の比ではないという話もある。デリヘルなど無店舗型風俗に移った女性もいるだろうが、店を移れる女性はまだ幸運である。真栄原や吉原を放り出された40代、50代の女性たちはどうやって生計を立てているのだろうか。彼女たちにはそもそも仕事があるのだろうか。


 こんなことで首長を比較するのは不謹慎だといわれるのを覚悟していえば、飛田新地や松島新地といった現代の遊廓を温存している橋下市長のほうが、伊波元市長や東門現市長よりも、政治家としてはるかに上等である。橋下市長には、遊廓や風俗で働かざるをえない女性たちに対する目配りはある。橋下さんが彼女たちをその境遇から救いだせるかどうかはわからないが、少なくとも仕事は奪わなかった。そうした目配りのない政治家を、ぼくは信じない。


2013年5月14日


篠原 章




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する