FC2ブログ

琉球独立は現実的選択肢 琉球新報コラム「落ち穂」2019年12月3日


琉球独立は現実的選択肢 琉球新報コラム「落ち穂」2019年12月3日

http://www.ntt-i.net/kariyushi/sinpo20191203.html

琉球独立は現実的選択肢
琉球新報コラム「落ち穂」2019年12月3日

多嘉山侑三(音楽講師、ユーチューバー)


1879年の「琉球処分」という名の明治政府の侵略によって、琉球王国は滅亡し、強制
的に「沖縄県」が設置された。それから140年の節目を迎えた今年。私の中で元々懐
疑的だった「琉球独立」を現実的な課題として捉えるようになった。その経緯につい
てお伝えしたい。

2018年の10月にユーチューブチャンネル「うちなーありんくりんTV」を開設し、何か
と誤解の多い沖縄の米軍基地問題を中心に発信を始めた。沖縄県のHPや防衛省のHPな
どの一次資料、報道機関の記事などから情報収集し、分析し、事実に基づいた発信を
心がけた。

おかげさまで現在チャンネル登録者数が3千人を超え、総再生回数は14万
回以上となった。そこから、辺野古の基地間題の代替案として、福岡と宮崎の航空自
衛隊基地への移設を提案した。実際に現地に行き、地元の人にアンケートをとったり
インタビューも行った。

また、小平市民の会にお招きいただき、東京でも辺野古基地
問題の講演を行った。その上で感じたのは、どんなにこの問題をやまとぅに訴えても、
遠い南の島に住む人口1%の私達の苦悩なんて、大半の日本人の関心は低いままだろ
う、という事。

その結果自民党政権が続き、辺野古基地建設も強行され、沖縄への米
軍基地押し付けは変わらない。それを変えるには、少なくとも日本人の有権者の約半
分の5千万人に関心を持って行動してもらう必要がある。

それよりも、独立を目指した方が現実的だ。なぜなら、国連監視の下に独立をかけた
住民投票を行い、沖縄の有権者の過半数が賛成を投じれば良いからだ。当事者意識の
ない5千万人を動かすより、当事者である50-60万人の沖縄人を動かす方が断然早い。

独立すれば日米同盟から外れ、米軍基地の駐留についていち国家として米国と交渉が
可能となる。そこで今後の基地について沖縄人が自分達で決めれば良い。また、独立
に伴う経済や安全保障などのビジョンについては今後私のユーチューブで発信予定な
ので、是非ともご覧頂きたい。

これを機に独立の機運を高めていければ幸いである。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する