FC2ブログ

元隊員が語る「自衛隊に入るのはやめたほうがいい」

★戦後70年実戦のない軍隊『自衛隊』
人口14億の大国「中国」と戦争を熱望している
バカがいるのが悲劇である!


元隊員が語る「自衛隊に入るのはやめたほうがいい」―
―証拠なしでも「ウソ発見器に出ている」と自白迫る陸自警務隊の人権蹂躙

20:11 08/27 2014三宅勝久

http://www.mynewsjapan.com/reports/2069


JIKEN.jpg


鉄帽(ヘルメット)の紛失事件が起きた陸上自衛隊富士駐屯地(静岡県御殿場市)。警務隊は、陸士長で今年3月に退職したAさんの犯行だとみて、取り調べを行なった。だが客観的な証拠はなく、Aさんは否認。それでも「ポリグラフに反応がある」などと執拗に自白を迫っているという。

 広島市の市街地で大規模な土砂崩れが起き、自衛隊の災害出動がなされているさなかの8月24日、陸上自衛隊の富士駐屯地(静岡県)で、実弾44トン使用、費用3億5000万円の派手な「富士総合火力演習」が行われた。

だがその陰で、同駐屯地では、深刻な人権侵害が進行していた。元1等陸士のAさん(28歳、今年3月に退職)に対して、「部隊への嫌がらせのために同僚隊員のヘルメットを盗んだ」という疑いがかけられたのだ。

Aさんは身に覚えがないと否認。指紋や目撃者といった客観証拠もなかった。それでも「ポリグラフ(ウソ発見器)に反応がある」「白状しないと(窃盗の時効の)7年間取り調べを続けることになる」などと脅しともとれることを言われ、退職から5カ月を経た今に至るまで、休日を拘束され、明に暗に自白を迫られ続けているという。

「僕はやっていない。自衛隊はふざけている」とAさんは訴え、こう続ける。「自衛隊に入りたい人に言いたい。やめたほうがいいです」




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する