FC2ブログ

中国と戦争が予定されている?下地島空港の状況は


人気ブログランキングへ



中国と戦争が予定されている?下地島空港の状況は

SIMOJI JIMA


◎尖閣、日中戦争初期のシュミレーション!

201×年○月×日 日本と対立関係にある、某国人民解放軍が沖縄の離島に侵入!


★中国軍から見て宮古島占領は、大きなメリットがある。

★宮古空港は2000mの滑走路を備えており、隣接する下地島の空港には3000mの滑走路もあるからだ。

1万2000t級の大型船舶が停泊できる港湾施設も整備されている。


★まず中国は長射程ミサイルによる対日攻撃の可能性を通告する。

★自衛隊は全戦力を周辺海域、空域に配置し、厳戒態勢を維持せざるを得なくなる。

★ミサイル攻撃による脅迫だけではアメリカ政府による軍事介入は行なわれない。

★本土周辺海域、空域の警戒活動に張り付いている自衛隊には、とても先島諸島の

防衛に戦力を割り振る余裕はない。


★中国海軍と空軍に守られた海軍陸戦隊(中国版海兵隊)が宮古島を占領する。


◎自衛隊の沖縄人郷土部隊が反撃に出る。

☆石破総理大臣が徴兵制発足時設立した、自衛隊初の『海兵隊』を宮古島に投入させる。

石破総理の「自分の島は自分で守れ」の激励のもと、沖縄県人で構成された郷土戦闘部隊

が続々先島諸島に送られるのである。




中国軍に宮古島を占領されたら奪還作戦は容易でないとの予測

http://helios40.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

下地島空港への訓練誘致めど立たず 休港の可能性も

2013年10月18日 琉球新報

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-213994-storytopic-3.html

 県管理のパイロット訓練空港、下地島空港に関し、県土木建築部は9月以降、実機訓練や試験機など計21企業・団体に誘致を働きかけたが、現時点でめどがたっていないことを17日、県議会決算特別委員会で明らかにした。12月中に方向性が決まらなければ来年度以降、下地島が休港する可能性も生じる。県は将来的に宮古空港の機能を下地島空港へ集約する案も視野に議論する。
 
同委員会で、嘉手納良文県空港課長は、回数に応じて訓練使用料を支払う「従量制」を全面導入した場合に関し、「年間の管理運営費4億円を確保するためには約6700回の訓練回数が必要と試算している」と説明した。奥平一夫氏(県民ネット)への答弁。
 
県は実機訓練に関し航空会社15社、試験機・航空機製造メーカー2社に加え、航空宇宙分野などの誘致も進めている。だが、シミュレーター施設の発達で実機訓練が減った背景などから難航している。
 

下地島空港存続 1月末判断

2013年12月8日 07:21 沖縄タイムス

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=58463

 運営が危ぶまれている国内唯一のパイロット実機訓練飛行場、下地島空港をめぐり、川上好久副知事は6日、県議会で来年1月末をめどに存続するかどうか決断する考えを明らかにした。奥平一夫氏(県民ネット)への答弁。来年度、訓練飛行場として継続利用できる見通しがつかなければ、休港か廃港の選択を迫られる。

 作業の進捗(しんちょく)を問われ、川上副知事は「全日空に(訓練継続を)働き掛ける一方で、できない場合はどう対応するか検討している」と説明。全日空の訓練継続をめぐっては、當銘健一郎土木建築部長が「全く可能性がないということではないが、現在調整中だ」と述べ、「白紙」としていた従来よりも踏み込んだ。

 訓練飛行場として継続する場合の維持費は約4億円(2013年度)、休港でも約1億円が必要。






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する